あずまクラブ(越前の守)です。正しい心の探究をします。

”人間は夢とロマンを持つから動物とは決定的に違う”から始めます。正しい心の探究です。

アメリカ大統領選で吹いたトランプ氏への追い風(=神風)の正体!

2016-11-20 00:34:57 | 日記

危機に立つ日本 さんより転載です。


ブログでアメリカ大統領選を追いかけていましたから、投票日が近づくにつれ
トランプ氏への風を日に日に感じていました。

この風を感じた人は多いのではないでしょうか。

ですので、その風によって、ヒラリー氏を選挙戦終盤で追い抜き、見事逆転
勝利したのでした。本当にドラマを見ているようでしたね。

ジョージワシントンの生まれ変わりであるトランプ氏ですから、当然
自身の魂の力として、これだけのムーブメントを起こしたのだと思って
いたのですが、

自身の力はもちろんのこと、さらにアメリカの最高神が応援していたのが、はっきりしました。

詳細は、是非書籍を読んでいただきたいと思います!


大川隆法総裁「トランプ」後の世界を語る【ニュース】
 




2016/11/17 に公開


「TPP」「日米同盟」の行方、「米露関係」の今後、「イスラム国」の衝撃の近未来。
年初からトランプ大統領誕生を見通していた大川隆法総裁が、トランプ勝利の翌日に語った世界の未来図とは。

【大川隆法総裁 法話 公開情報】
「On Victory of Mr. D. Trump」+Q&A
大統領選の翌日に収録された、ドナルド・トランプ新大統領についての英語法話(日本語字幕付)/過激発言は戦略だったのか/トランプ勝利の背景にあった「神風」/「日本は自衛せよ」の発言に込められた真意/TPPの未来はどうなる/今後は日本とアメリカの価値観が世界の標準となる/選挙で二分されたアメリカが再び一つとなり、世界を導く国となるためには/トランプ大統領の提唱する経済政策「大胆な減税」で経済は繁栄する?/ロシアとアメリカとの関係はどうなるのか/IS問題について、衝撃の近未来予言
詳しくは https://happy-science.jp/info/lecture...

【大川隆法総裁 書籍 発刊情報】
『トランプ新大統領で世界はこう動く』
著者 大川隆法総裁
定価 1,620 円(税込)

強いアメリカの復活で、日本の繁栄も実現する。
日米の信頼関係が、再び“世界のメイン・エンジン”となる!TPP、IS問題、北朝鮮の核、そして対中経済戦略―――
トランプ新大統領が「正しい選択」であるこれだけの理由。

▽まずアメリカ経済を再建し、次に外交の主導権を握る
▽ロシアとの関係を改善し、国際社会の混乱を収束させる
▽中東危機や中国の覇権拡大を解決する外交戦略とは

Amazonで購入する
https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/48639...

幸福の科学出版で購入する
http://www.irhpress.co.jp/products/de...


トランプ新大統領で世界はこう動く

・著者 大川隆法 ・定価 1,620 円(税込) ・四六判 ・発刊元 幸福の科学出版 ・ISBN 978-4-86395-859-3 ・発刊日 2016-11-19
※全国書店は、発刊日より順次発売です
http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1767



【米大統領選の翌日11/10収録!】
「トランプ勝利」を2016年1月時点で見抜いた著者の緊急出版!

強いアメリカの復活で、日本の繁栄も実現する。

TPP、IS問題、北の核、中国の軍拡、ロシアの未来――
トランプ新大統領が正しい選択である、これだけの理由。

【英日対訳】


関連動画
大川隆法総裁 大講演会2016 「Freedom, Justice, and Happiness」(Crowne Plaza Times Square Manhattan)より




ニューヨークで考えたこと [2]【CM動画】



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほんこんが慰安婦問題をめぐ... | トップ | 流行語が「日本死ね」? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。