あずまクラブ(越前の守)です。正しい心の探究をします。

”人間は夢とロマンを持つから動物とは決定的に違う”から始めます。正しい心の探究です。

ジョージ・ワシントンの霊言【CM動画】  神の特別の使命を担っていたジョージ・ワシントン 今世、第二の建国のためにトランプ氏として生まれ変わる

2016-10-14 00:18:45 | 日記

危機に立つ日本 さんより転載です。


神の特別の使命を担っていたジョージ・ワシントン
今世は、ドナルド・トランプ氏として再びアメリカの大統領を目指しています。

なかなか厳しい大統領選ですが、今回も神の使命が下るのでしょうか。


大統領選、流れとしてはトランプ氏に不利な報道ばかりされていますので、
ここはなんとか頑張ってもらいたいですね。

当会も日本から、応援していくようです!!





ジョージ・ワシントンの霊言【CM動画】




2016/10/13 に公開
「ジョージ・ワシントンの霊言」

アメリカ合衆国初代大統領ジョージ・ワシントンの霊言(英語のみ先行開示/日本語字幕付き10/2〜)/ジョージ・ワシントンは神の命をうけてアメリカを建国したのか/アメリカ合衆国の使命とは/ アメリカ大統領選、トランプとヒラリーのどちらを応援しているのか/人種問題、民族問題、テロやイスラム国問題、北朝鮮の核ミサイル問題について/ 経済、軍事、外交の戦略とは/アメリカの未来についてはどう見ているか/アメリカの神は誰なのか/極めてシンプルかつ明解に語られる、アメリカ国民へのメッセージ

-------
<公開情報>
所要時間:70分
種類:英語, 霊言
公開期間:2016/9/24~(英語のみ)
2016/10/2~(日本語字幕付き)
場所:精舎, 支部, 拠点, 布教所, 海外
https://happy-science.jp/info/lecture...
-------

☆大川隆法 公式サイトはこちら
http://ryuho-okawa.org/ja/





守護霊インタビュー ドナルド・トランプ アメリカ復活への戦略
・著者 大川隆法
・定価 1,512 円(税込)
・四六判 127頁
・発刊元 幸福の科学出版
・ISBN 978-4-86395-755-8
・発刊日 2016-01-20
http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1613

暴言連発でも
支持率トップの理由とは?
「イスラム教徒の
入国禁止」発言の真意とは?
2016年アメリカ大統領選
最大の風雲児、
その素顔に迫る。

いま、米国をはじめ世界が
注目する、不動産王にして
次期大統領候補―――
明らかになる意外な本心と
力強いリーダー像。

【英日対訳】


■■ しゅ・ご・れい【守護霊】 ■■
人間の潜在意識のことで、あの世から地上にいる人を守る過去世の魂。タテマエではない本音を語る性質がある。
目次
(和訳)序文
1 「次期大統領」トランプ守護霊登場
2 移民に関する過激な発言の真意は
3 メディアからの批判をどう思っているか
4 女性差別と言われるのは「素直だから」
5 日米、日韓、ロシア、イラン、中国をどう見るか
6 もしヒラリーが大統領になったら?
7 アメリカ経済回復のための考え方
8 米国内のムスリム移民に望むこと
9 「神を信じる」トライアングルで無神論の中国に対抗せよ
10 過去世を問われて飛び出したビッグ・ネーム
11 日米の繁栄に向けたメッセージ

※ 本書は、英語で収録された霊言に和訳を付けたものです。

暴言の裏に隠された、
米大統領への本気度
 
コラム 数々の暴言でバッシングされているにも関わらず、トップの支持率を誇るドナルド・トランプ氏。はたして米大統領にふさわしい人物なのか。本書は、そんな疑問に答える守護霊インタビューだ。物議を醸した「イスラム教徒の入国禁止」をはじめ、テロや移民対策、経済再生、対中ロなどの懸案事項について、大胆かつ慎重な戦略が明らかに。オバマ政権の8年間に失われた「強いアメリカ」の復活をめざすと意気込む。日米の繁栄を掲げる、同候補の挑戦を見守りたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あえば直道のBLOG ご質問その他 | トップ | 【二重国籍】台湾政府の許可... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。