あずまクラブ(越前の守)です。正しい心の探究をします。

”人間は夢とロマンを持つから動物とは決定的に違う”から始めます。正しい心の探究です。

体制崩壊に言及し始めたトランプ政権の真意 ザ・リバティWeb   「厳しさが足りなかったかもしれない(tough enough)」

2017-08-13 00:00:10 | 日記

危機に立つ日本さんより転載です。

中国に期待したトランプ大統領ですが、見事に期待外れに終わり、

結局北朝鮮のミサイル開発に猶予を与えることになりました。

中国には期待できず、話し合いで解決ができないのでしたら、やはり

大きな意味での平和、安定を考えて行動にうつるべきなのでしょう。

これから先、備えは必要です。

 

体制崩壊に言及し始めたトランプ政権の真意

http://the-liberty.com/article.php?item_id=13374

トランプ米大統領はこのほど、「北朝鮮はこれ以上、アメリカを脅さない方がいい。これまで世界が見たこともないような炎と怒りに直面することになるだろう」と発言し、物議を醸しています。

 

その後、トランプ氏はこの発言について、「厳しさが足りなかったかもしれない(tough enough)」と述べ、「(北朝鮮は)まともに行動すべき」で、そうしないなら「この世でどの国もそれほどの窮地に陥ったことがないような」難しい状況に見舞われると畳み掛けました。

 

これまで外交による問題解決を目指してきたマティス米国防長官も、トランプ氏の「炎と怒り」の発言を受けて、「北朝鮮体制の終わりと国民の破滅につながる行動は一切やめるべきだ」との声明を出しました。さらに、北朝鮮との戦争は「壊滅的なもの(catastrophic)」になるとも述べています。

 

トランプ政権は、これまで「体制の転換は考えない」とし、可能な限り交渉に応じるとする立場をとってきました。ここにきてその態度を強硬なものへと変化させているのはなぜでしょうか。

以下、詳細は本サイト(有料版)でご覧ください。

http://the-liberty.com/article.php?item_id=13374

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金曜日の13:28、M6.5の地震が... | トップ | 習近平、トランプに自制要請... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。