風の吹く 太陽と虹の大地で きみと

凸凹しながら生きてる毎日。
それってきっと最高に素敵な事なんだと思う。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヒプノセラピー

2016-09-18 13:23:58 | 日記
ずいぶん前に読んだワイス博士の『前世療法』。

ちょっとスピリチュアルっぽいけど、本当は医療分野の話。





そんなの当たり前と思われるかもしれないけど、根深い悩みだったり思いグセだったり、あと持病とかの解決方法は結局、自分の中にあると思っている。


あぁ、この人のこの思いグセや持病は、もしかしたら幼少期の出来事からきてるのかなぁって思う時がある。



私の場合、性格が固い。
石橋を叩いても渡らない。
気を回しすぎる。


あー、どうしてもっと気楽に人と付き合えないんだろう。

とか。


歳を重ねてきて、少しずつゆるくはなってきてるけど、私の性格の固さは治らない。




それが、この数ヶ月の間に、ずいぶん変わってきた。

いつもなら敬語で話す人に、気づいたらタメ口。
今まで一度も呼び捨てにした事のない友人を名前で呼んでたり。

今までなら、口に出す前に躊躇するのに何も考えずにスルリとと出てくる。
目上の人や、いつもなら気を使う人にまでかなりフレンドリーな私。



言葉が出た途端、あれ?私この人に対していつもこんなにフレンドリーに話してた?と自問自答。



あれ?あれ?が続いて、何だか私の中の何かが変わってきたのが不思議で仕方なかった。





そこでふと気づいたのが、6月に受けたヒプノセラピー。

色々と悩んでいる友人2人に勧めておいて、自分が受けてないのは無責任かな?と思って受けてみたヒプノセラピー。



前世まで遡ってみた前世は、フランスに生きている男性。
暖かい両親のもとに生まれ、はにかみ屋ながらも友人にも恵まれ、軍服などの仕立ての仕事を生業とし、母親を早くに亡くすも、優しい奥さんと1人の娘に看取られて人生を閉じる男性。



ヒプノセラピー後の感想はと聞かれた時、つまんない人生、前世ってこんな平凡なんですか?と聞いてしまった。



でも、そのフランス人の男性からのアドバイスは、「自分で自分を縛るのはやめて、もっと自由に生きていってほしい」だった。



ヒプノセラピーの効果は、すぐ出る人と忘れた頃に出る人がいるのかもしれない。



私、まだまだ変わりそう。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大きな荷物 | トップ | 来年の事 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。