気ままに安土城☆

ズボラ主婦日記

信楽焼き

2017-05-26 11:12:10 | 日記
居酒屋の前などでよくみかけるのが、どっしりとした信楽焼きのたぬきの置物

滋賀県信楽町の、1200年もの歴史がある有名な伝統工芸品です。

見方によっては何かたくらんでいるようにも感じられる味わい深い表情と、不思議な愛嬌が魅力です。

これとどこか似ているのが滋賀県人です。

シビアでドライな個人主義なため、何を考えているのか今ひとつわかりづらいようにみえますが、よくつきあうと人情味のある性質。

ただし滋賀県人は、他人と打ち解けるのにかなり時間がかかるので、なかなか本来の性格を理解してもらえないようです

でも実は、冷静なポーカーフェイスの内側に「三方よし」のボランティア精神が隠されているのです。

三方とは「自分・相手・世間」の3つで、近江商人は、この言葉をモットーに正直な商売をしていたとも言われています。

ただし、ビジネスで成功する人のなかには、にこやかな笑顔の下で相手をうまく操作する術に長けている、本物のいわゆる「タヌキ親父」タイプも多いようです…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブログをはじめました! | トップ | 折り紙 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。