四季のうつろいRetter

自然が好き、人も好き。日々四季のうつろいを感じながら…。

冬の秋田へ② 乳頭温泉

2017年03月05日 | 旅行
秋田空港から田沢湖へ。空港から約2時間。田沢湖で、車窓からたつ子像を観て、乳頭温泉郷へ。
たつ子像は、風雨にさらされてか、以前よりかなりくたびれ、美人が台無しに見えた。



乳頭温泉郷の7つある温泉の中の、入り口にある大釜温泉へ。



大釜温泉の露天風呂は、泥湯のようで、ウッカリ足を入れると、泥に足をすくわれるように10センチほど泥が溜まっていて怖かった。
ほとんどが同じバスの仲間たち。
ヌルヌルした泥を足で救い上げ、泥パックと言って、腕や、顔に塗りつけている人がいた。
脱衣室に置いてあったカメラを持って、撮影OKを得て写させていただいた。
「乾くまで置いたらツルツルになるでしょうけど」と言ってわらった。
大勢で、動いて泥は浮いて、足元の泥は無くなり、動きしやすくなった。
「これが乳頭なのか?」
内湯とシャワーで洗い流した。



再び、田沢湖方面に下って、田沢湖高原温泉ホテル泊。



夕食後、ホテルでは、セミプロの民謡ショーが行われた。
ほかのホテルの宿泊者も見に来ていた。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬の秋田へ 3日間 ① | トップ | 冬の秋田へ③ 不老ふ死温泉 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美少女「」たつこ姫が・・ (hideji-ji)
2017-03-06 15:03:56
私のコメントはいっも昔の話から~
伝説の「たつこ姫」の像の写真を見て驚いた。
私が見たときは伝説の美少女の像らしく金ピカで眩しかった。
あれから13年・・皺も出れば色あせるのも・・
「東北・秋田新幹線の旅」田沢湖高原温泉郷のキャッチフレーズに食いついて、参加者は私のグループ5名だけ翌日ホテルのバスで乳頭温泉入り口まで運ばれたが、雪で(10月末)入り口から引き返し田沢湖へ・・
これも想い出・・
秋田県の湯沢から栗駒に向かった所に「泥湯温泉」と言う所がある、全く同じ状態でした、そのお陰かいまでもツャツャしている、ホントカナ?アッハッハァ~。次はどこが出るのか楽しみにしてます。
田沢湖 (potosu)
2017-03-06 19:11:06
azuさん、今晩は。
日本一深くて、水の色が綺麗な田沢湖…小学6年生の時、修学旅行で行って感動したのを思い出しました。たつこ像もだいぶくたびれましたね。
美少女「たつこ姫」が・・ (azu)
2017-03-07 15:03:29
そのころ、私たちが見た時もピカピカでしたよ。
自然は厳しいのですね。
その時には、秋田駒ヶ岳の帰りに乳頭温泉の老舗「鶴の湯」を予約して行ってきました。
そうですか~
hideji-ji の若さの秘密は温泉でしたか・・・。
それに続きますように・・・(*^_^*)。
田沢湖 (azu)
2017-03-07 15:07:36
6年生の修学旅行?
私は、信州から名古屋知多半島でした。
蒸気機関車に乗って、初めての海辺に泊まりました。
懐かしいですね。

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事