四季のうつろいRetter

自然が好き、人も好き。日々四季のうつろいを感じながら…。

川越市立美術館で展覧会

2017年05月17日 | 日々のできごと
埼玉県の「いきがい大学東松山学園 美術工芸科 24期生」の第8回目の展覧会に行ってきた。
会場 川越市立美術館  5月21日(日)まで



漆塗り、 陶芸作品、油彩画、水彩画、パステル画、水墨画あり。
美術工芸科で2年間学んだ仲間が、その後も続いてそれぞれの師について学んだり、写生に出かけたりと、
プロかと思わせるような作品が多かった。

「桜吹雪の中で」(水墨画)

白の線が抜かれ、特に印象に残った作品。
この方は、雅号が入っていた。

私の友だちSさんは、2年間「美術工芸科」で学んで、自分には向いていないことが分かったといい、絵はもっぱら観るだけと言って
頻繁に美術館通いをしているようだ。
展覧会への出品作品は、もっぱらパソコン作品にしていると言って、今回は、フリーハンドで、
「パロディー風の見返り美人」と自宅の花を「切手風」にして額に入れてあった。

見学に来た高齢の男性(川越で絵の講師をしているそうだ)曰く、
「絵は歳をとって外に出られなくなっても一人でいつまでもできるよい趣味ですよ」と話していた。

この会員の中には、「油絵は匂いがするから、家ですると家族が嫌がるので、古い家(部屋)を借りてしている人もいる」と、
Sさんがそっと話してくれた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガーデニング日和 | トップ | 暑くなった一日 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
才能がない (hideji-ji)
2017-05-18 11:13:06
流石に展覧会に出品の作品は見応えが有るでしょう。
又昔の想い出が・・
一応墨絵・油絵を習ったが、才能が無いと云うことは仕方の無いもので、ある線まで行くと行き詰まり辞めてしまった。
今まで続けていたらとも思うが、二兎を追う者は一兎をも得ずでPPで終わりそうで良かったかも。azuさんは何を追う・・
ありがとうございました (さっちゃん)
2017-05-18 23:16:31
azu様
 お忙しい中、観て下さってありがとうございます。そして、ブログにも載せて下さったことに感謝しています。

 普段は皆、別な場所でそれぞれ描いていますが、年に一度川越市立美術館に集まり、1年間の成果を披露します。

 お互いに元気で回を重ねられることを願っています。
二兎を追うものは一兎をも得ず (azu)
2017-05-19 06:45:23
hideji-ji の長い人生、PPに落ち着くまではいろいろされていたのですね。
hideji-ji のPP(DVDスライドショー)は素晴らしいオリジナル作品です。
私の技術不足で、これをブログに載せて紹介できないことが歯がゆいです。

さて、私は、そろそろ集約せねばと思っていますが、hideji-ji のPPのほんの一部でもマスターできたらと欲張っています。
展覧会 (azu)
2017-05-19 06:50:35
皆さん、現役引退からの人生を充実して過ごされている姿を感じます。
それからでも、一花も、二花も咲かすことができると感じました。
良い機会をありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む