四季のうつろいRetter

自然が好き、人も好き。日々四季のうつろいを感じながら…。

白菜漬け

2016年12月20日 | グルメ
先日、友だちから大きな白菜を3ケいただいた。
「食べきれそうもないなー」と思ったが、久しぶりに漬物にしようと思い立った。



昨夜のうちに夫に、「漬物桶、あったっけ?」と聞くと「たぶん」と言って、裏から出してきてくれた。
新しい重石と中蓋がきれいにそろっていた。

腰痛で、しばらく重いものは避けていたので、嬉しかった。
朝から、白菜を干したり、泥つき野菜を洗ったりと、思うように体が動く幸せを感じた。

家に入り、絵手紙「千字文」の解説を半紙1枚に書いた。
前回の教室で、遅れていたものをようやく消化した。

午後になって、塩、ユズ、トウガラシ、コンブ、煮干しなどを用意して漬けた。
息子が、小学生か、中学生のころ、「結婚してもこんなおいしい漬物食べれるかね~」といったことを思い出しながら・・・。

元日に集合予定のようだが、丁度そのころには食べごろとなるだろう。

穏やかで、動きやすい一日だった。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 講演会「公共施設の今とこれ... | トップ | 年賀状作りの日々 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む