四季のうつろいRetter

自然が好き、人も好き。日々四季のうつろいを感じながら…。

モギリアートで「色紙」

2016年09月18日 | 絵手紙
絵手紙教室9月のテーマは『モギリアートで「色紙」と段ボールの額』だった。



どちらも未完成で、宿題となっていた。
新聞のカラー部分をちぎって表現する。
思ったより楽しく、間もなく古希を迎える親友にプレゼントを思いつき、続けて作った。
30年間、夜のウォーキングを続け、酸も甘いも分かりあっている友だち。
山の話に付き合って、山歩きに目覚め、病み上がりには、ゆっくりペースでお付き合い。
全てを見透かされているような大切な友だち。

ぶどうのモデルは、ピオーネだったが、一色だと地味になり、思い切っていろいろなカラーを入れた。

額縁は、手がかかるし、どうしようか思案中。
宿題の自分の額縁は明日にでも作ろう・・・。
いやなことは後回しになる、悪い癖



昨日は孫の通っている幼稚園の封筒で手紙が届いた。
運動会の招待状かしらと開いてみると、二人の顔が描かれている。
どうも、おじいちゃん、おばあちゃんらしい。
そして、「いつまでも元気でいてください」と。
そうか、敬老の日だったのだ。
お礼にと電話をしたが留守だったので、モギリアートで手紙を書いた。
「いつまでも、いっしょにおでかけできるように、げんきでいたいよ」と。
明日には届くだろう。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりに太陽を浴びて | トップ | 「エミール」のケーキで誕生祝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

絵手紙」カテゴリの最新記事