くらしのうつわ

信楽焼の窯元に生まれた娘の日記

第2回TEIBAN展「信楽」 番外編

2012年02月19日 23時56分40秒 | 日記
さて、しつこく連載しています TEIBAN japan classico 展「信楽」ですが、今日は最終回「番外編」です。

信楽人は、土を見るとついつい触ってしまう・・・

そんな人たちです



あっちでこねこね、こっちでこねこね・・・

こんな小さなカエルもすべて手作業です。





このカエルは、ひっくりカエル・・・こうして乾燥させています



メンバーみんなの仕事をまじかで見せてもらって、知らなかったことの多いこと・・・

同じ信楽の窯元でも、作ってる品物も違えば、製法も違います。

私も見てて、楽しまさせていただきました



朝宮茶を飲んでいただくのに、それぞれの窯元のうつわを集めて、お客様に選んでいただきました。

こうして見ても、全然違います。

それぞれの個性が仲良く並んでいます。

下に敷かれているものは、たな板と言って、実際、窯で焼く時につかう板です。この板と「つく」と呼ばれる支柱を組んで、窯詰めをしていきます。

1250℃以上の高温で、常にうつわたちと一緒に焼かれている働きモノの、たな板です。



そして、先日、このメンバーの一人が結婚されました

メンバーみんなでお祝いに駆けつけました



若奥様は、陶器の勉強をして、だんなさまを支えていくそうです

若いメンバーが増えてますます信楽も楽しくなりそうです。

末永くお幸せに




本日のくらしのうつわ

ヒルトンホテルのケーキ









『イベント』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第2回TEIBAN展「信楽... | トップ | 小さなお手伝い »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (カエル)
2012-02-21 17:53:39
ちょくちょく紹介して頂きありがとうございます。
また、テイバン展はお疲れさまでした。
今回は、私がカエルを作れる(仕事してる)事がメンバーに理解頂けた事が良かったと思っています。
そう言えば、メンバー同士の焼きあがった作品や商品は何となくわかるけど、本人がそれらにどのように携わっているか意外に近過ぎて知らないもんですよね。
時間があれば、それぞれの仕事を覗きに行こうと思っています。
お疲れさまでした。
窯元の人たち (あづさ)
2012-02-25 00:08:47
カエルさん、いつもありがとうございます。
TEIBAN展も、お疲れさまでした。
私たち、窯元の人間は、お互いの仕事を知らないことが、多いですね。展示会ではそんな窯元の風景が垣間見れて、私自身、とても楽しかったです。
今度、同じ町内ですし、メンバーみんなで見学会を順番にしても楽しいかも。また、違った発想も生まれてくると思います。
お互いを知ることは、いいことです。
窯元見学、やってみましょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。