百代ちゃん

フレンチブルの百代ちゃんが亡くなりました。
百代ちゃんのことはさっきまで全然知らなかったけど、
とても心が痛みます。
飼い主さんの心の痛みは想像がつかない程大きなものだと思います。

少しでも多くの方に百代ちゃんのこと知ってもらい、同じような悲劇が起きないようにと思い、転載させて頂くことにしました。

以下、ぶんぶんさんの記事(びじゅちゃまさんの日記)転載させもらいます。

『百代ちゃん、あきちゃんさんのところに帰ってきました。
でももう、その可愛い声を聞くこともできないし、オシリをブンブンふることもありません…いえ、出来なくなって帰ってきたのです。

百代ちゃんが元気に帰ってきてくれることを願っておりましたが、急転直下の結末を迎えてしまいました。いえ、今となっては帰らなくてもいい、どこかで元気に幸せに暮らしていてくれたら…そのほうがどんなにましだったか…と思ってしまうほどです。

まこちさんとあきちゃんさんはビラを配ったり、ペットショップにお願いしたりして情報収集に努めておりました。
すると1本の電話があったそうなのです。内容は
「○○でフレンチブルが車にはねられるところを見ました。
即死のようで、その車が連れて行きました」
というものでした。
その後に、まこちさんのブログにも同じ内容の書き込みがありました。
そこで、病院や清掃局や考えられるところに問い合わせをしたそうですが、百代ちゃんと思しき姿は発見されませんでした。

ほどなくして、有力な情報が入りました。
子供連れの女性が百代ちゃんらしきフレンチブルを連れて歩いているのを見つけたというのです。同じマンションに住んでいる方が、偶然ビラを見ていて連絡をくれたそうなんです。

まこちさんとあきちゃんさんはそのマンションに行き、事情を察してくださった管理人さんの同行を得て、チャイムを鳴らしました。
すると、その女性は
「ウチにネコはいるけどイヌはいない」
と、玄関を開けてくれないのです。一生懸命訴えてると、あきちゃんさんの声に気づいた百代ちゃんが鳴いたそうです。
「中にいる」
と、確信した2人は辛抱強く説得した結果、やっとドアが開き、百代ちゃんの姿を認めた瞬間
百代ちゃんの身体は宙を舞っていたそうです…
その女性は何を思ったのか、百代ちゃんをベランダから投げ捨てたのです。
そのお部屋は6階でした…

半狂乱になって病院に担ぎ込みましたが、百代ちゃんは内臓破裂で即死でした。
外傷はなく綺麗だったそうです。

その女性は警察に連行され、事情聴取は受けたようですが、その後帰宅が赦されております。
そして、あの「交通事故うんぬん」という電話や書き込みは、その女性が捜索を諦めさせようと画策したデマだったこともわかりました。
その女性は小学生の女の子と幼稚園くらいの男の子の2児の母だそうです。
そして、頻繁に違う犬種のワンコを連れて歩いているのを目撃されていました。
察するに誘拐の常習犯なのではないでしょうか
しかも、自分の子供の目の前で、そんなことをしているのです。』

もっと詳しくは puri☆pochi life!! さんと茶々ママDiaryさんをご覧下さい。

この一件を知って、犯人に対する憤りの気持ちでいっぱいです。
何の罪もない百代ちゃんと、そのご家族から百代ちゃんの命を奪った犯人。
ペットと生活する者にとって、ペットは家族の一員です。
大切な子供、兄弟です。
警察やマスコミには飼い主さんの立場になって考えてほしいです。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 川に行って来... オシャレなワ... »
 
コメント
 
 
 
そんなことがあったんですね。 (メグママ)
2006-09-04 10:04:31
百代ちゃんのご冥福をお祈りします。



誘拐されて、犯人がベランダから投げて殺したなんて!命あるものをなんだと思っているのか!腹立たしくて涙が止まりません・・・。もし、これがメグだったらと思うと、胸がつぶれそうです。二度とこのような事をこの犯人がしないように、制裁は加えるべきですよね。動物虐待って、動物愛護法にひっかかると思うし、窃盗ですよね!

 
 
 
Unknown (はね)
2006-09-04 21:50:16
まさかこのような結末になるとは思っていませんでした、、、

記事を読んでいる時は涙が止まらなくて悲しすぎた。

今は犯人への怒りが強すぎて、

『どうしたら私は力になれるのだろう…』

とか考えています。

この事件を風化させないために、

私も転載させてもらいました。
 
 
 
Unknown (あず)
2006-09-04 22:41:18
はねさんのリンクに入っている風ちゃんのブログで昨日の夜初めて知りました。

百代ちゃんを生き返らせることはできませんが、

何か協力できることがあればと思って転載しました。

他のみなさんもそうだと思いますが、

まずは出来るだけ多くの人にこの悲惨な事件のことを

知ってもらい、世間に関心を持ってもらえれば、と思っています。

もし私が茶々丸を突然失ったらどうなってしまうだろうと思うと、百代ちゃんの飼い主さんのことがとても心配です。

犯人を厳罰に処すことができたとしても、飼い主さんの悲しみは鎮まらないかもしれません。

でも、何か協力せずにはいられない、というもどかしい状態です。

百代ちゃんの一生は短かったけど、すごく愛されてとても楽しかったんだと信じたいです。

百代ちゃんの分まで、茶々丸を今まで以上に愛して幸せにしてあげよう、と思っています。
 
 
 
こんな残酷な事があるんですね。 (おりひめ)
2006-09-04 22:52:28
おりひめ、puri☆pochi life!のブログ訪問させて頂きました。読んでいて胸が

締め付けられる思いでした。「百代ちゃん」のいろんな写真が載ってるページを見ると

涙が出てきました。こんなに愛らしい百代ちゃんが投げ捨てられて、内蔵破裂だなんて・・・。残酷すぎますね。

百代ちゃん、天国で安らかに眠ってね。

あずさん、今回の事件を紹介してくださってありがとうございました。





 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。