無冠帝王の繰り言=外房御宿の網代湾を朝夕眺めるおぼろ男は、野次馬根性旺盛ですからいろいろと寝ぼけことを繰り返します。

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
椿落つ 無冠帝こそわが墓碑銘  安藤 三佐夫

近作歌2首

2016-10-13 17:32:49 | エッセー
芝山の花と緑の農芸財団へのお礼

古き世の武射(むしゃ)の国より
 丹精のお米いただく
  つぶらなる真珠の光まぶしき  
三佐夫



大野荘ご息女観光学科に合格!
祝歌

紗緒里翔つ
  月の沙漠に虹かけて

             三佐夫
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大モミたけ | トップ | 奇妙な時代のあれこれ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。