無冠帝王の繰り言=外房御宿の網代湾を朝夕眺めるおぼろ男は、野次馬根性旺盛ですからいろいろと寝ぼけことを繰り返します。

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
椿落つ 無冠帝こそわが墓碑銘  安藤 三佐夫

網代湾のあぐり船団

2017-05-16 11:10:02 | エッセー
 寝ぼけまなこで海を眺めると、早朝から大小の漁船が4~5隻、浮かんでいた。
 あぐり漁の船団だ。広く海を囲い込んで、一網打尽に地魚を獲るのである。大漁だとかなり重い網を引き上げるので、母船は大型である。網代湾には、定期的にやって来て網を入れるようだ。昔は地引網で漁をしていたからあぐり船は禁止だったが、今は不漁で地引網は止めてしまったから昔ながらの浜の光景が見られないからさびしい限りだ。
 観光用にでも定期的に地引網を復活してほしいと、漁業組合や町長さんにも提言したのだが、どうも乗り気ではないようだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 御宿ネットワーク「友好」紙... | トップ | 花の川柳総評=蜜蜂たちの思い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。