無冠帝王の繰り言=外房御宿の網代湾を朝夕眺めるおぼろ男は、野次馬根性旺盛ですからいろいろと寝ぼけことを繰り返します。

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
椿落つ 無冠帝こそわが墓碑銘  安藤 三佐夫

御宿ネットワーク「友好」紙と講座2件―老骨に鞭打って

2017-05-14 13:30:40 | エッセー
 黒沼ユリ子さん会長の機関紙6号が出ました。事務局が張り切っていて、いろいろと企画していますから入会するとよいでしょう。事務局のメキシコの家は土・日に開いていますからお出で下さい。
 私は、ただの会員ですが、7月5日の総会で「御宿を舞台にした自作を語る」をテーマにお話をする予定です。
 小説2作品「茉莉のルーツ幻想・少女は貝の笛を吹く」(悠光堂)を昨年の春に出版しましたから、その背景等を紹介します。興味のある方は会員外もお出でを!会場は、海岸沿いのサヤンテラスホテルで、10時からです。
 また、ボランティアガイド「ラクダの会」講座も昨年に引き続いて、毎月第4水曜日1時30分から行います。昨年ガイドに認定された方々がもう少し実力をつけたいそうで、5月は、先ず私が、旧長谷川病院の文化財としての価値を話します。また岩瀬家母屋についてもスペイン漂着船サンフランシスコ号との関連を語ります。
 そういうわけで、執筆の傍らですが地域の文化振興と歴史についてお話しをします。こちらの会場は、駅前通りの「メキシコの家」です。年間の資料代は、1000円の予定ですので新しい方の参加も期待しています。
 余生を送る予定で御宿海岸へ転居したのですが、どうもそうはうまく行きませんあぁ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 低気圧通過 | トップ | 網代湾のあぐり船団 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。