純風満蘭 富貴蘭ブログ 着生蘭よもやま話

風蘭(フウラン)、富貴蘭と石斛(セッコク)、長生蘭など着生蘭栽培日記、ブログ。求むコメント。請うアドバイス。読書登録歓迎

華香桃

2017-04-19 08:38:04 | 富貴蘭・風蘭

最近、歴史好きな女性が増え、「歴女」と呼ばれてます。漫画などでは歴史人物がかっこいい容貌で、登場します。歴史の学び方も変わったものだと感心してしまいました

自分の世代だと、歴史は小説「三国志」などを読みます。個性ある人物が登場し、さまざまな人間模様が繰り広げられる、中国後漢末期から三国時代の話しです。登場人物が1192人もいるのだから飽きません。容姿などは挿し絵や人物描写で想像する楽しみがあります。
魏国の武将、夏侯惇(かこうとん)は「矢に刺さった自らの眼球を喰らう」とあります。どんな豪傑なのかと思ってしまいます

風蘭の栽培もそのような想像することがあります。「葉形並厚く紺覆輪白中斑黄色の斑あり打ち込みの筋あり」なんて言われたら、どんなに素晴らしい木だったのか、思いを巡らせることができます。また個体数も多いので、それぞれ来歴を調べても面白いと思います。

さて、前置きが長くなりなした。最近入柵した、この木は白縞を流し、桃花が咲くそうです
産地、実生なのかは不明ですが、名前の由来はハッキリしています。命名者が何か良い名はないかと考えていたところ、テレビの歴史番組で「かこうとん」と聞いたので「かこうとう(華香桃)」としたそうです。
なんじゃそりゃって感じです。まぁ歴史は、そんなところから始まるもんです。あの豪傑から名前をいただいているので、どんな花姿になるのか楽しみです

え! どこに縞があるかって

ここ

とにかくます。

1410000華香桃(かこうとう)(不明)【風蘭】【月型付け、泥軸、〓根、桃花】桃花で小型の並葉。白縞を浮かべる。三国志の「夏侯惇(かこうとん)の音読みから命名された。2017年2月12日。
ジャンル:
植物
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 湖東錦(青) | トップ | 富貴蘭を知って! パート6 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かわいい (ハルミ)
2017-04-21 11:42:00
あらまあ。白縞の耳ずり?ですか?
上にも出てくるといいですね。
Re:かわいい (azazou)
2017-04-21 15:23:07
ハルミさん
コメントありがとうございます。
白縞が上に出るかは神のみぞ知るですね
桃花で白縞は、なかなかないでしょう。
でも、いつになったら自慢できるやら
とにかくます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL