I Will Survive 保育士編

2007年から家庭内離婚、脱出を目指し転職、正社員に。マンションもキャッシュで買いました。最後に幸せになるのは、私です!

ひよっこからの茨城推し

2017年04月21日 | 日記
朝ドラはチラ見なのです。再放送チェックや録画してまで見ないのです。
もうそんな若くないんで、すべてに執着がないわたくし。

気持ち悪いのは「おは日」キャスター全員そろっての毎朝のひよっこ推し。
民放で言えば「チャンネルはそのまま」ってやつよ。
あさイチの朝ドラ受けくらいでええんやないの・・・。

思わずモラ夫に苦情を言っておいた。

で、ひよっこ。桑田さんの主題歌「若い広場」と、タイトルのミニチュアがいい。
ブラシを田植えに見立てていたり、草色のセーターが緑の田んぼだったり
ローラー式洗濯機から川の流れが・・・。
これだけ毎朝見たいくらい。前の主題歌ミスチルはアカンなあ~と思っていた所に
桑田佳祐。サナギはチョウになって誰かの腕の中~♩みたいなとこだけ口ずさんでみたり。
田舎から出てきたヒロインが都会であか抜けて誰かと恋をして、
というドラマのストーリーにぴったりな感じでキュンとする。

舞台は茨城。「いばらぎじゃない、いばらき」
茨城県人の言いたい事はよく分かった。
私の独断と偏見では、茨城産男子にはスグレモノが多い。
リベラルっていうか、女子の尻に敷かれても文句を言わず
偉そうぶった男がいない気がする。サンプル数3~4人の話だが。
よって茨城には大変いいイメージを持っている。

だから行ってみたいが、どこが有名なのかわからない。
海の方に行ってあんこう鍋でも食べればいいのか?

食品のトレサービリティってやつみたいに東京の男にも
「茨城県産」とか「独身」とか2次元コードをつけておいて欲しい。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あさイチに。 | トップ | 鍵交換 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。