I Will Survive 保育士編

2007年から家庭内離婚、脱出を目指し転職、正社員に。マンションもキャッシュで買いました。最後に幸せになるのは、私です!

独り言。

2017年05月14日 | 日記
東京蚤の市で気になったのは、
インスタ男女の多さですわ…。
買ったものを家に帰って撮るならまだしも
いいなぁ欲しいなぁパシャ!はどーなんだ。

あと今日は母の日ということで、レジに持ってく前の
品物を撮ってる人もいたけど、ちゃんとお会計して
お店の人に聞いてからするのがマナーでは?

蚤の市でも売り物のハシゴに上ってる子どもが
いたので仕事柄、あぶないよー、乗っちゃダメだよーと
言いましたもの。近くにいる親が言って下さいだわ。

子ども向けワークショップなどもあったので
そんなのに参加するならまだ子どもも楽しいけれど、
そうでなく親の買い物に付き合わせてるなら
子どもも飽きちゃうよなー。

その後デパートに寄ったけど、どうにも大きな
3歳くらいの歩けそうな子をベビーカーに乗せて
ぐーぐー昼寝させてまで買い物せんでもええんやん?
て思ってしまうの。

たまにならいいけれど、小さい子のいる家庭の
過ごし方を逸脱してるなぁってよく思います。
一つには若い親の世代が自分たちのやりたい事や
欲望を我慢出来ないのかなと。
つまり子どもに合わせるという事が出来ない。

共働きが当たり前の今、自分もそうでしたが
家庭でずっと子どもに向き合うより仕事してる方が
楽、という感覚も今のママにはあると思うのです。
せめて休みの日は子どもファーストで過ごして欲しいなと。
必ずしも大人がしたい事を子どもがしたい訳じゃないしね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京蚤の市 | トップ | ケユカとニトリと無印と。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。