I Will Survive 保育士編

2007年からモラハラに気付き家庭内離婚、脱出を目指し転職、正社員に。モラ夫と未だ共存中。最後に幸せになるのは、私です!

ラブストーリーは突然に

2017年03月21日 | 日記
前記事、小田和正さんの270万枚超えヒット曲ですね。

だってもうこれはイントロ聴いたら「東京ラブストーリー」でしょ。
フジテレビ、月9の黄金期ですわな。

サビの三連符がポイントだなんて小田さんの番組見て初めて知ったぁ。

タタタ タタタ タタタ タタタ タタタ タタタ タタタ ター
あの日 あのと きあの 場所で きみに 会えな かった らー

カーンチ!
あたしはカンチが全部だよ
24時間好きって言って!

等々、鈴木保奈美演ずるヒロイン、赤名リカの台詞が頭に浮かぶ。
さすがに、セックスしよっか?は歩道橋の上で言わんでええやろ、ですが
そういう意味でもエポックメーキングな作品であったと言えましょう。
ちなみに当時、貧乏学生だった私にはその世界観もまったく理解できず。

先日、柴門ふみさんの25年後の東京ラブストーリーの単行本を読んださ。
カンチとさとみの娘と、赤名リカが産んだ赤名アフリカが結婚するという設定も
ぶっ飛んだがやっぱカンチとリカは変わってないのでいい読後感。
恋多き女、赤名リカがカンチに「人生最多の男」だったよとサラッと言ってますが
2年間くらいしか付き合ってない訳ですねこの二人。超肉食でっしゃろそれ。
気になる方はこちらをご一読あれ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 100年インタビュー 小田和正 | トップ | また振り出しに戻る。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。