I Will Survive 保育士編

2007年から家庭内離婚、脱出を目指し転職、正社員に。マンションもキャッシュで買いました。最後に幸せになるのは、私です!

創作意欲

2017年05月17日 | 日記
朝日新聞で草間彌生さんの記事を。

幼い頃に母親に辛く当たられ(ま、虐待まがいよねご飯も無かったりって)
幻覚を見るようになったとか、そしてそれを描きとめるようになったとか。

私は幼い頃に絵を描くと父母が褒めてくれました。
でもクセのある人なのでね、上手に描けてると(小2くらいか)
これは先生が描いたんじゃないの?(私が描きました!)
とか余計な一言よくいってました。

褒められるとそう悪い気はしないのと、好きだったので絵さえ描いていれば
楽しいと思ってました。その純粋さを取り戻したいわ。

とはいえ美大なんかに行っちゃうと周りが上手いの当たり前すぎて
劣等感は誰しも持つ羽目になるので。

今はそう絵とか描かないのでおそろしく下手になってますが、幼少の頃から
ハサミも筆も手の一部みたいに使っていると誰でも上手くはなるのです。
特にハサミはそうです。

保育士さんで手が不器用って人も多いと思いますが、例えばコンパスで描いた
円を切り抜くとか、ひたすらやってたら上手くなりますよ。

草間さんのすごい所は表現したいものが次々溢れて
エネルギッシュに制作するところでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そしてプリンセスは・・・ | トップ | 映画も観たいけど。 »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マーチ)
2017-05-18 00:05:26
それ、「まがい」じゃないですよ、立派に「虐待」。
そういうことをする母親を、わたしは「モラ母」と呼んでいます。
わたしの場合は創作意欲には向かわなかったなぁ、なにしろ才能がなかったもんで。
残念!
Unknown (あざらし)
2017-05-18 00:33:37
お父さんがいなくなりお母さんは育児どころでなくなったようです草間さんち。母親自身が不安定だったのでしょうね。

かくいう私も娘くんがいなくなればモラ夫とは別れられる、と思った時があります。かといって世話を怠った事は無いですが。だってホントしつこくて別れないんですから!
Unknown (アッちゃん)
2017-05-18 07:59:49
マーチさんの言うように「まがい」じゃないですよね
加害者って都合の良いように言いますよね
「時々」「はたいたけど殴ってない」「よくあるしつけの範疇」
子供だと簡単にごまかされちゃうし、「虐待を受けた」という事実も受け入れがたいものなんですよね。辛すぎて。
草間さんて苦労されてるんですね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。