《 花 》

2016-10-15 21:03:02 | 





枯れた花が胸に刺さっている。
君がくれた花が胸に刺さっている。
君がくれた花は切られた時に死が始まっていて、いま死が終わった。ぼくだけに看取られて。
ぼくの何かをあげないと、生は成立しないだろうね。いま、この空間で。
いくら、ぼくの身体から塩分を含んだ水分が絞り出されても、それは色の腐敗で、夜の鮮血でしかないんだ。
ごめんなさい。
ぼくは、こうしていつも上辺だけ謝りながら君と一緒に殺戮を繰り返すんだ。
言葉よ花になれ。


















ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 《 音楽 》 | トップ | 《 窓 》 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。