カナリア望遠鏡は指先を見つめている

詩・即興詩・散文詩・俳句

[ 花摘み歌 ]

2017-05-15 22:21:57 | 俳句







春深し記憶紐解く数え唄

はるふかし きおくひもとく かぞえうた









花の雲挿頭の赤の甘さかな

はなのくも かざしのあかの あまさかな









花守や夜の血潮の渡し舟

はなもりや よるのちしおの わたしぶね

























四月 句会投句/夏喩








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 《 漣 》 | トップ | 《 破船 》 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。