普通の日々

風の向こうで さまざまな想いが霧のようにひそんでる(by/Hiroji Miyamoto)

五月花形歌舞伎@明治座

2017-05-20 11:45:29 | キモノ

友人から招待券をいただいて、明治座に五月花形歌舞伎の観劇に行ってきました。

初めての明治座です。


観劇前に近くのお店でランチ。

美味しかった~。
ランチ時間ギリギリに入ったので、店員さんたちが隣の席でまかないを食べ始めたりしてたので
あんまりゆっくりはできなかったけど(笑)
お店を移ってお茶しながら夜の部の開演時間までおしゃべり。

今回の演目は「南総里見八犬伝」。
えーと、有名なお話だけど、ストーリーの記憶があやふや。。。
確かなんかの呪いで散り散りになった八つの玉を持つ剣士(犬士)を探して終結して
悪を倒す?みたいな話だったような・・・(笑)
全6幕の通し狂言なので、(途中で寝ないように)初めてイヤホンガイドを借りてみました。

座長はらぶりんこと片岡愛之助さんなのですが、夜の部では若手役者さんたちが大活躍。
愛之助さんは犬山道節役で、見せ場もあるのですが、それほど多い登場時間ではなく。
中村芝翫さんとこの成駒屋三兄弟や中村鴈次郎さんとこの壱太郎さん(素敵な女形でした!)
橋之助君はお父さんと声がそっくりね。
鴈次郎さんはさすがベテランでいい味出してた!すごい技で大爆笑とってたし!
そしてそして一押しイケメン役者の中村隼人君!大活躍でした。
かっこよかった~~♡
内容は大立ち回りがあったり、ちょっとした色恋沙汰があったり、化け猫が出てきたりと
盛りだくさんの冒険活劇的な内容で、飽きることなく(イヤホンガイドのおかげもあり)
最後まで楽しめました~。

しかーーし。幕間休憩(30分×2回)を含めて全4時間15分。

長かった・・・・。
ただ座ってるだけなのに、腰とか脚とか辛くなるんですよね。
観劇も体力いりますな。
まわりのおじーさんおばーさん、元気やなーーー。と思ってしまう(笑)

そんな観劇コーデ

単衣の大島に牡丹柄の染帯。
犬のモチーフを探してみるも何もなし。ちょっと時期遅しだけどと思いつつ牡丹の帯で。
が。八犬士たちはそれぞれに文字の浮き出る玉を持ち、苗字に「犬」の字があり
そしてそして牡丹のアザがあるんですって!(イヤホンガイド情報)
期せずして、演目モチーフ取り入れてたじゃないか(笑)

とーーっても疲れたけど、とーーーっても楽しかった明治座での歌舞伎でした。


先日、中村獅童さんが肺腺癌を公表され、しばらく休業し治療に専念されるという記事が出ていましたね。
今や二人に一人はがんになるといわれている時代。
それにしても歌舞伎界、大病される方が多いような気がします。
オーバーワークなのでは・・・と部外者ながら心配になります。
ともあれ、しっかりと治療に専念されて一日も早い回復と舞台復帰を心よりお祈り申し上げます。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 皐月の花々 | トップ | 清水ミチコ トーク&ライブ2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。