麻布十番未知案内 BLOG編

麻布十番のこと、赤い靴の女の子「きみちゃん」と「きみちゃんのチャリティー」のこと(HP編 http://jin3.jp)

★ 方丈記

2017年03月25日 | 店声仁語

 方丈記
 春分のたよりにこんなReメールを頂き感激しています。

 「季節のお便り有難うございました。貴殿と同じ感想を仏教の無常観の視点から描いた作家がおよそ800年前におりました。『方丈記』の作者鴨長明です。ご存じと思いますが、その原文を観てみました。
 『たましきの都のうちに、棟を並べ、甍を争へる、高き、卑しき、人の住まひは、世々経て尽きせぬものなれど、これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家はまれなり。あるいは去年焼けて今年作れり。あるいは大家滅びて小家となる。住む人もこれに同じ。所も変はらず、人も多かれど、いにしへ見し人は、二、三十人が中に、わづかにひとりふたりなり。朝に死に、夕べに生まるるならひ、ただ水のあわにぞ似たりける。知らず、生まれ死ぬる人、いづかたより来たりて、いづかたへか去る。また知らず、仮の宿り、たがためにか心を悩まし、何によりてか目を喜ばしむる。』   時代を経てもあまり変わりないものなのですね。75年は夢の如く過ぎてしまいましたが、もう少しこの世を楽しんでみたいと思っています。」
 小生の拙文から方丈記を思い出された方、同じFBを読み同じ新聞を読み同じTVを見て、それぞれ考え方見方の異なるのは当然ですが、何も感じことなく通り過ぎる人。

 「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。」 若き日を懐かしむひとときでした。 

 2017.3.21

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★ 春分

2017年03月21日 | 店声仁語

 春分

 

本光寺しだれ桜東京は桜の開花宣言、いずれ咲く桜ですからそんなにそんなに急いで開花宣言しなくてもいいと思いませんか。標本木で5~6輪以上花が開いたから開花?何とも味気なく風流な気象庁ですね。

日ごろ無信心な私ですが、お彼岸に両親のお墓参りに行くと本堂の裏にソメイヨシノより一足早くしだれ桜がきれいに咲いていました。金柑の黄金色の実が桜のピンクとならんで春を呼んでいるようでした。

久しぶりに歩く街並みは、「あれっ、ここにあったお店がない!」「ここの家、ビルになってる」「あれっ!」変わったなぁの連続でした。そんなに遠くない菩提寺、ほとんど地元って感じの家並みなのに、いかに出歩かないか運動不足かを痛感したお墓参りでした。帰り道、ヒルズで昼食でもとけやき坂を歩きながら、ここもヒルズではなく北日が窪町、南日が窪町という町名の窪地だったのに、すっかり地形まで変わってしまった。ここに金魚屋さんがあって釣り堀があったことなんて、もう若い人には想像もできないだろうな、昼食は更科のそばではなくイタリアンのパスタでした。

二十四節気「春分」一日遅れて、いつものNPOPTPLの美しい映像をご覧下さい。

 

春分 3月20日~4月3日

春のなかば。昼と夜の長さが等しくなる。 寒さもすっかりやわらぐ。

http://www.tomoiki.ptpl.or.jp/calendar/2017/iframe/24sekki/24sekki04.php  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★ 啓蟄

2017年03月11日 | 店声仁語

 啓蟄
 パティオ十番でのイベント、昨日は骨董市、今日は防火防災チャレンジデー。少しずつ春らしくなって、冬の間パティオ十番のケヤキの木を彩っていたイルミネーションも、芽生えをじゃましないようにはずされました。防火防災チャレンジデーのイベントは麻布消防署が主催、麻布十番商店街や消防団も手伝っています。はしご車の搭乗、起震車、けむり体験、応急救護訓練etcいろいろ経験体験することはいざというときに役立つと思います。ひとつだけいただけないのが、赤い靴のきみちゃん像を隠すように、像の真ん前にけむり体験のテントを張っていたことです。きみちゃんの像を見に来る人も大勢いることを消防署も考えてくれるといいのですが、商店街の役員もここはちょっとあけておいて下さいくらい言えばいいのにと、せっかくのイベント残念でした。
忘れな草 一月に植えたプランターの忘れな草、咲き続けて今日も小さな花をいっぱい道行く人の目を楽しませてくれています。歌で名前は知っていても意外とどんな花か知らない人が多いようですね。ご覧下さい。忘れな草をあなたに~~!

  二十四節気「啓蟄」、春ですね。いつものNPOPTPLの美しい映像をご覧下さい。
  ◇ 啓蟄 3月5日 ~ 3月19日
   冬のあいだ土の中に巣ごもりしていた虫たちが目ざめ活動を始める  
(1:02)     
   ◇ 
http://www.tomoiki.ptpl.or.jp/calendar/2017/iframe/24sekki/24sekki03.php

 2017.3.5

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★ 雨水

2017年02月18日 | 店声仁語

 雨水
 賢崇寺と二・二六事件
二十二士 パティオ十番から一本松に向かって、左側に賢崇寺の石門、本堂につづく石畳の坂道があります。側道の階段はゆるやかな114段、以前は坂道はなく急な84段の狭い石段だけが上まで続いていました。曹洞宗興国山 賢崇寺、佐賀鍋島藩歴代藩主の菩提寺として寛永12年(1635)に創建された名刹は、昭和20年4月15日の空襲で本堂、庫裏、開山堂、霊廟鐘、位牌堂、土蔵、すべてを焼失しました。戦後間もない境内は、夏には子どもたちがミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクホウシを追いかけ、カブトムシ、クワガタムシ、玉虫もいました。昭和47年4月に本堂が、50年4月には鐘楼も再建され、急な石段は坂道にかわりました。閑叟公(かんそうこう)の名で知られる鍋島藩第十代藩主直正は、実子に種痘を行いその普及に努め、西洋医学の発展に貢献、明治維新の原動力のひとりとして活躍した人です。今、閑叟公の墓は郷里佐賀に移され、墓前に奉納された明治の元勲大隈重信、大久保利通等の灯籠がかたすみに寂しく残されています。
 昭和11年2月26日の未明に起きた二・二六事件は、事件後2名が自決、首謀者17名は死刑、関連事件で3名が処刑されました。憲兵隊、警察の監視下で遺体の引き取り遺骨の埋葬すらできない情況のなかで、賢崇寺の第二十九世住職藤田俊訓師は遺体の収容、遺骨の供養、遺書の保管、遺族との連絡に奔走、「死すればみな仏」と説く藤田俊訓師の信念と献身的な努力、情熱がやがて憲兵隊や警察を動かし、藤田師が施主となり役人監視下で二十二士の合同慰霊祭が厳かに営まれたのは処刑された7月12日から久しく日を重ねた秋でした。現在の墓碑は、昭和27年7月12日第十七回忌法要に合わせて「二十二士之墓」として開眼供養されたものです。
 二・二六事件から81年、いつまでも平和であって欲しいと祈ってやみません。 

 二十四節気「雨水」 いつものNPO“PTPL”の美しい映像をご覧下さい。
 ◇ 雨水  2月18日~3月4日
    http://www.tomoiki.ptpl.or.jp/calendar/2017/iframe/24sekki/24sekki02.php   (01:10)
        雪やあられが雨に変わり、氷や霜が融けはじめる。

 2017.2.18.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★ 立春

2017年02月11日 | 店声仁語

 立春

 学生時代の先輩と両国のちゃんこ料理店で食事会をしました。両国は大江戸線一本で行けるようになり便利になったのですが、地下鉄は風景が見えないので地上に出たときにどこにいるのかわからなくなることがあります。案の定両国の街中で迷子になりました。道をたずねるお店も少なく、やっと見つけた酒屋さんで道を教わりました。
 A先輩78才、M先輩76才、同期T氏75才、仲居さん年齢不詳 (^^;)。この年令が集まると病気か薬の話が酒の肴になります。後期高齢者保険も話題になりました。
「ところで、前期高齢者、後期高齢者って言うけれどその先もあるのかねぇ」
「その先は、末期高齢者でしょう、あはは!」笑っている場合じゃないね。
酒量も少し落ちてきた後期高齢者、「もう一軒行く?」と、ちゃんこ料理店を後にしました。

麻布十番、冬枯れのパティオ、六本のけやきも枯れたように細い枝を見せています。今日は立春。どこかに春が来ています。プランターに勿忘草を植えて一週間、小さな花が毎日咲いて寒さの中に春の近さを教えてくれます。枯れたような姫沙羅にも小さな若芽を見ることが出来ます。
もうすぐ春ですね。
二十四節気「立春」、いつものNPOPTPLの美しい映像をご覧下さい。
暖かくなりましたが、まだまだの寒さお風邪を召しませんようにご自愛下さい。
◇ 立春  2月4日~2月17日
   http://www.tomoiki.ptpl.or.jp/calendar/2017/iframe/24sekki/24sekki01.php   (01:14)
     暦の上で一年の始め、春の始めとされ、暖かくなりはじめる。 

 2017.1.20.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加