旅、酒、音楽、料理、写真も・・・

静かに酒を飲みながら、ジャンルを問わずに古今東西の音楽について語りたいものです。ついでに料理と写真についても…。

料理教室戸塚塾で作った「二色芋羊羹」

2016年10月14日 | 料理

サツマイモの季節になった。

“石焼きいも~”の売り声を聞くと、どうしても食べたくなって家を飛び出す、
という女性の気持ちは理解できないが、
赤暖簾が目に入ると、つい暖簾をくぐってしまうのは男性である。

「二色の芋羊羹」の作り方は簡単で、
サツマイモ400gは皮をむいて1cm幅の半月切りにし、
イモが柔らかくなるまで茹で、イモの水気を切り、すりこ木でつぶす。

砂糖80gを加えて混ぜ、大さじ1~2の水を加え、きんとんくらいの固さに練る。

イモを二等分に分け、半分はそのまま、残りの半分は砂糖と抹茶をよく混ぜてから湯大さじ1で溶いたものを混ぜ
ラップを敷いた型に二層に詰めて上から押さえ、よく冷やして出来上がり。

さて、きょうの料理教室で二層芋羊羹の作り方を教えてくださったのは、Ms.Threebranch先生。
『男の料理』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麻婆豆腐の素 | トップ | 料理教室戸塚塾で作った「秋... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL