旅、酒、音楽、料理、写真も・・・

静かに酒を飲みながら、ジャンルを問わずに古今東西の音楽について語りたいものです。ついでに料理と写真についても…。

名古屋・熱田の蓬莱軒でひつまぶしを食べる

2017年04月18日 | 日記
  

愛知県半田市へ2泊3日の旅に出かけ、
1日目の夜、名古屋の熱田神宮近くの蓬莱軒で「ひつまぶし」を食べた。

「ひつまぶし」は今でこそ日本全国で食べられるけれど、
昔は名古屋にしかなかった食べ物である。

ちなみに、「ひつまぶし」の値段は3,600円。

食事を終え、歩道橋を渡っていると、その歩道橋に、
“あつた蓬莱軒本店前 宮の渡し 歩道橋”と書いてあるではないか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名古屋の人たちは高齢者に席... | トップ | 常滑の登り窯の煙突 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL