gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

喪失した日本国籍求め提訴=比で出生の子、父は日本人-東京地裁(時事通信)

2010-02-08 01:57:10 | 日記
 日本人の父を持つフィリピンで生まれた子ども4人が2日、期間内の出生届未提出を理由に日本国籍を失うのは、法の下の平等を定めた憲法に違反するとして、国を相手に日本国籍があることの確認を求める訴えを東京地裁に起こした。
 国籍法は外国で生まれ外国籍を取得した場合、出生後の一定期間内に日本国籍の留保の意思表示をしないと日本国籍を喪失すると規定。戸籍法は期間を出生後3カ月以内としている。
 原告側弁護士によると、喪失規定の違憲性をめぐり、国籍確認を求めた訴訟は初めてという。
 訴状などによると、提訴したのは3歳から19歳の男女。4人の両親はそれぞれ婚姻しているが、戸籍法の規定を知らなかったことなどから、出生届を提出しそびれ、日本国籍を失った。
 原告側は「本人の意思がなく、合理的な理由がない国籍喪失は違憲だ」などと主張している。 

【関連ニュース】
涌井最高裁判事が死去
偽装認知容疑で初逮捕=子に日本籍、比国人女ら2人
改正国籍法違反を初適用=偽装認知で子に日本籍
非嫡出子相続格差は合憲=1裁判官が「違憲」
国籍不正取得容疑で3人逮捕=偽装認知、法改正後初

【施政方針演説】全文(1)はじめに「いのちを守りたい…」(産経新聞)
未公開株話、巨額集金か 金商法違反 警視庁が近く本格捜査 (産経新聞)
松沢知事の著作権侵害認める 12万円賠償命令(産経新聞)
サンラ・ワールドを捜索 未公開株投資で巨額集金 金融商品取引法違反容疑 警視庁(産経新聞)
京品ホテル従業員、会社側と和解=廃業で解雇、地位確認訴訟-東京地裁(時事通信)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見逃されたSOS…両親からの... | トップ | 国内医療用薬が微減も大幅増... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。