鮎太郎のラストファイト

 鮎釣りを始めてから四半世紀を越えました。
北は新潟、南は熊本まで機会がある度に遠征しています。
今期も行くぞー!!

2016 10月8日(土) 竿納め 日置川釣行 二日目

2016-10-08 20:09:44 | 釣り

  釣行回数  36日目

 場所  和歌山県 日置川 安居

 時間     9時30分~16時30分 (実釣時間=6時間)
 仕掛      竿   がま鮎 FINE SPECIAL 引抜早瀬 9.5m
              (ソリッド穂先 軟調)
 水中糸     ナイロン 0.175 & 0.2  
 針        バレン 7号 その他
 天候        曇り時々晴れ一時雨 温度 29℃ 水温 22℃
 水況     +20cm 濁りなし 
 釣果     18cm~22cm 9尾 (時速 1.5尾) 累計 351尾

 ゆっくり目に『前田屋』オトリ店に預かってもらっていたオトリ鮎を取りに行きました。
安居橋のたもとから土手を500mも下がった処に駐車して、川原を歩いて小さな瀬肩に
入りました。
ヘチには大岩も見え、何とか近づければ掛かるのでは?? しかし、竿は届かない。
ここで、9m竿から9.5竿に取替え、再度挑みました。 足場のジャリがズルズルと動き、
流に負けて深場へと押されます。 今日はライフジャケットを付けていたので、流されても
平気なのですが、元の場所へ戻って来るのが大変です。
岩の横でオトリが泳いでくれて本日の1尾目が来ました。間もなく2尾目も確保。しかし、
その後は昨日と同様の状況となりました。
下流部へ場所探しに歩きましたが、何処でオトリを出そうがピクリともしませんでした。
 弁当タイムで上がり、次で掛からなければ 「帰ろう・・・」 と 安居橋まで戻ってきました。
動くのも、もうクタクタの状況。 橋の下のトロ場に白い溝が水中に見えました。
22cmの野アユが溝の中を上がると、キューンと小さな引きがありました。 「ボーズハゼ?」
0.175のナイロンでは少し不安で、鮎を追いかけました。 竿は軟調穂先で満月の様に
曲がっていました。トロ場で引き抜いて20cmの良型が来ました。
諦めかけた1尾で生き返りました。 それから4時過ぎまで6尾が追加されました。
やっとの「ツ抜け!」と思って終了して、数を数えると・・・ なんと 9尾のみ。
今期のアベレージで終って、納竿としました。

10日以降は、晴れが続く模様ですが、膝・腰の痛みは相当なもので、これが最終と成り
そうです。

        
   安居橋下      安居橋下流     久しぶりの釣果
 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016 10月7日(金) 竿... | トップ | 2016 10月16日(日) ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

釣り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。