中学校教師 生き残り術

平凡な中学校教師が、中学校で生き残っていくための「小技」「知恵」「うまくいったエピソード」「失敗例」を紹介します。

(245)地域からの指摘を「苦情」と言ってはいけない

2016年09月19日 | 授業
 地域からの指摘を「苦情」と言ってはいけない。
 これは私の大先輩から教えていただいた言葉です。
 それ以降、私は「苦情」と言いません。

 地域で中学生の気になる行動について、学校へ連絡を下さった方の気持ちを想像してみましょう。
 その中には、腹が立って電話連絡をされる方もいますが、「このままではいけない」「見て見ぬふりはいけない」と思い連絡をされる方も少なくありません。
 その方々のお気持ちを考えると、「苦情」とは言えません。
 学校に連絡をくださる方は、今後、学校の協力者、応援者になってくださります。
 地域の大人に中学生が育てていただく、これが理想的な状態だと私は思います。

 私は、「苦情」と言いません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (244)学校のブラック労... | トップ | (246)学校のブラック労... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

授業」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。