あゆどんのつれづれなるままに

ここは、木の花での子ども達の遊び風景の断片を綴る「園長日誌」。木の花幼稚園での様々な場所で、子ども達が織り成す情景の随想

9月30日 ニュースポーツは如何?

2016年10月12日 | 日記
 久しく休止中だった男性保育者の会合を復活。本日はコーフボールというオランダ発祥のニュースポーツを日本代表選手でもある男性保育者の指導のもと体験する。

 コーフボール用のゴールを幼稚園のホールにセットすると結構な高さに皆驚き。(3m50㎝) ボールも特製でバスケットボールのものよりも小さめ。
バスケットボールに似ているが、ドリブルはなし、パスのみ、ボールを持ったら三歩までしか動けない、ディフェンス側の相手選手のブロックの手が1m以上離れていないとボールは投げられない、接触プレーは反則、相手のボールを叩いて取るのもダメ、相手側パスを取ったら攻守交替…等々、色々とややこしい。まあやりながら覚えましょう・・・ということで、とりあえず「ぐーきー」で2チームに分かれる。

 これがやってみると意外にハード。男性保育者の中にはバスケのコーチをしていたり、学生時代にバスケ部という輩もいて、俊敏かつアグレッシブなパス回しと動きにおじさんはついていけない・・・・泣。折角入れたゴールも相手チームからのボールを取ってそのままゴールに入れたら、あかんとのこと・・・悔。まあ、それでもおじさんチームは元バスケ部の活躍で勝利! しかし、元バスケ部は用事があり勝ち逃げ・・・笑。



 コーフボールはオランダではプロリーグもあるそうで、今後オリンピックの追加種目を狙っているとか。動画を見せてもらうと、これがまたすごい!。NLBもびっくりこ…て感じ。日本での普及はまだまだらしく競技人口が少ない分、活躍できるチャンスも多いかも・・・。しかも男女混合スポーツだそうで男性保育者の会でも女性保育者との混合で競技したいねえ・・・と盛り上がる(笑)。ちなみに保育現場でもコーフボールごっこで楽しんでいるそうな。確かにゴールの高さを低くすれば子どもでも十分楽しめそう・・・・。

 コーフボールの体験会の後は、今年度の今後の男性保育者研修の予定を車座になって検討し、恒例になっているおやじの会交流レガッタの5回目の概要を決め案内を週明け配信し参加者を募ることに。ただ年々参加人数(艇)が減っているため、今後継続していくかどうか?検討の余地が出てきている。また恒例となりつつあるおやじサミットについても検討昨年度の子どもも交えた交流集会がよかったので、それを踏襲しようと、今年度は時期を冬場に想定し本日体験したコーフボールを大人(父&母)と子どもたちで一緒にやって身体を使った交流にしてみよう、ということになる。

 参加した男性保育者の皆さん、お疲れ様でした。


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月29日 工事中・・・ | トップ | 10月4日 準備・・・ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む