あゆどんのつれづれなるままに

ここは、木の花での子ども達の遊び風景の断片を綴る「園長日誌」。木の花幼稚園での様々な場所で、子ども達が織り成す情景の随想

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

11月4日 おやじの背中を魅せるとき その1・・・園庭ワクワクプロジェクト

2016年12月28日 | 日記
 昨年度つながった木道の修繕を兼ねた園庭ワクワクプロジェクト。働く父たちの姿を見せる「おやじらの背中を魅せる」恒例の取り組みを今年も実践。(母らのアシストもお願いし今回は職人肌の母も結構参加。おやじらに負けじとこういう作業が似合う母らの助太刀にも脱帽。)

 今回は傷んだ木道部位の修理がメイン。1日目は木道の木を入れ替えた部分の面取りや、ペンキ塗り、2日目は好天の中、入れ替えた木道部位およびツリーハウスの1階部位の木材のペンキ塗り、そして最終日は、残りの木道部位が前日の雨で朝方濡れていたので、出作り小屋(ウッドブロック置き場も!)のペンキ塗りからスタートし、木道の残りのペンキ塗り、さらに余力を買って庭の小型ベンチ類、木馬まで・・・。

 所々で子どもたち、先生方からのお手伝いのお願い(バザーでの工作で、ドングリに穴を開けてもらったり、枝を切ってもらったり)、時にはカメ子プロジェクトのお手伝いも気軽に引き受けてくれながら、本気の背中を子どもたちに見せながら作業に勤しむおやじたち。(一番の大助かりは庭のフェンスの修復。業者に依頼するか検討していたので本当に助かりました。)
 子どもたちはおやじたち(母たち)の姿に興味津々でのぞき込んだり、一緒に刷毛をもって出作り小屋の煤や泥を掃ってペンキ塗りの下準備を手伝ったり、あるいは工事ごっこがあちこちに展開したり・・・。

 木の花の庭は、代々受け継がれてきた子どもたちの遊びの世界を土台に、共感する大人たちの手も加わりながら成長を続けています。参加のおやじたち、母たち、有難うございました。

            
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月28日 焼き芋は やって... | トップ | 11月5日 おやじの背中を魅せ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事