あゆどんのつれづれなるままに

ここは、木の花での子ども達の遊び風景の断片を綴る「園長日誌」。木の花幼稚園での様々な場所で、子ども達が織り成す情景の随想

10月7日 刺激色々・・・

2016年10月12日 | 日記
 昨秋に引き続き「工事の先生」(こどもの命名)が2名(在園おやじ)、この日園庭の木道修理に来園。(当初は11月の予定だったが仕事の都合がついた模様で急きょ運動会明けと相成る。)

 庭のフェンスを開けて工具持参で入ってくるところで、まず庭のフェンスの車輪が動かず・・・。その修理からしていただき本当に重ね重ね感謝あるのみ。そんな「工事の先生」の手ほどきを受けながら中にはさび落としやペンキ塗りを手伝う子どもも・・・。

 ラバーステップで木の実や石、砂、枝などを使った年中さんの「バーベキューごっこ」の残りを再び利用して「バーベキュー」を楽しむ年少さん。そんな子どもたちも「工事の先生」の一挙一動がとても気になる。木道の傷んでいる箇所を直している「工事の先生」の周りに興味津々に集う年少さんたち・・・。

  

 そんな「工事の先生」の活躍している中、「せせらぎ通り」のゆるキャラ、セサミンちゃんが「運動会、お疲れ様!」と遊びに来園(自転車で颯爽と!)。子どもたちと運動会でした「恐竜体操」をしたり、鬼ごっこをしたり、一人ひとりと握手したり、とひと時の交流を楽しむ。(それにしてもセサミンちゃんの身体能力は「ふなっしー」を超えているかも・・・!)
 夕涼み会での先生たちのお店の売り上げはネパール募金として、今度の木の花祭りの時のチャリティの店のそれと合わせて今度セサミンちゃんのところに持っていくね・・・。

    
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月6日 台風一過 | トップ | ごあいさつ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む