れんらくちょう
癒し系事務員を目指すアラフィフ藤子が綴る!子供たちの成長とか 藤井フミヤ・斉藤和義・ギターについて。

 



犬、猫好きアーティストが集結し、ペットの殺処分0を目指す音楽チャリティーイベント
「&PETS project 【HAPPY MUSIC FESTA】 2013 vol.4 ~Toward ZERO~」

に、行ってきました。

場所がディズニーリゾート内ってことで、
ま、舞浜に行けばわかるね。と思ってたら、軽く迷子になりました。
あんなに奥にあんな建物があったのね。
辿り着くまで、屋外なのか屋内なのか それもよくわかっていなかったんだけど
シルク・ドゥ・ソレイユとか観ることのできる場所だそうです。屋内でした。快適でした。

席ありで、ronちゃんの取ってくれたチケットはさいたまスーパーアリーナに続き最前列!
またまた間近で人気ものになったせっちゃんを観ることができました
ronちゃんのチケ運、すごい!

出演者は下記の通り。他に、途中のMCでさんまちゃんの愛娘、IMALUも出てきたよ。
このイベントTシャツをブルマみたいなパンツにインして、
上の部分がないシャンプーハットみたいなハットかぶってて
これがファッションリーダーなのか と思いながら見てたけど
アラフォーな私達から見たら、変なカッコでした。


●出演者:斉藤和義 / 宮田和弥 from JUNSKY WALKER(S) / BONNIE PINK /
浜崎貴司 from FLYING KIDS / ジョン・B &ザ・ドーナッツ / bonobos
MC:モリマン&まちゃまちゃ  


<< bonobos >>
ベースが女の子でした。弦が6本あるように見えました。多分6本だった。
そんなベースあるの?
で、ネック部分がないの。巻くとこが。
そのベースがやたら気になっちゃった。

<< BONNIE PINK  >>
犬もネコも好きなんだけど、旅が多いからかわいそうだから飼えないの って話してました。
歌、上手ー。
同じ言葉をひたすら繰り返す歌が多かった。
FISH~~FISH~~ とか。

<< 宮田和弥 from JUNSKY WALKER(S) >>
休憩でご飯食べたりしてる間に始まっちゃって、半分くらいしか見てないんだけど
お喋りが上手で面白かったです。

<< ジョン・B &ザ・ドーナッツ >>
今回のイベントで最も印象に残ったのがここ!本当に面白かったし、音楽も良かった!
シルク・ドゥ・ソレイユで使われるような舞台だけあって、床がね、下に沈んだりするの。
そこから、特にイケメンでもない、でもすごくいい雰囲気のジョン・Bさんが舞台とともに上がってきて
舞台の端っこを歌いながらひと通り客席にそって歩いて(お客さん見つめながら)
そのうち、客席に下りてお客さんに花を配ってた

すごくカッコつけてるんだけど
曲は「所在ない♪」って歌詞だし、そんなイケメンでもなくて
ほんと面白かった。
客席を歩いてる途中、彼の後ろからピッタリくっついて女の人が歩いてて
配ってる花を渡してるスタッフかと思ったら普通に観客で、
自分の席に座りたいのに ジョンB、邪魔 的な感じで席について
客席、爆笑でした。

http://www.john-b.jp/item/2012/04/pv-4.php

<< 浜ちゃん >>
「もしかしてだけど」の芸人さんいるじゃない?
あの、胸を開けてる(ギター持ってない方の)人みたいだなー って思いながら見てました。
せっちゃんも出てきて「デタラメ」で参加。

<< せっちゃん >>
弾き語りかと思ったら、豊夢くん、すみちゃんと3ピースでした。
セッティングにやたら時間かかってたなー。
にゃんこについては、増えすぎないように近所で地味に活動してるそうで
そんなことをぼそぼそっと喋ってました。


HAPPY MUSIC FESTA 2013 SET LIST

M-1 やさしくなりたい
M-2 月光
M-3 オリオン通り with 浜崎貴司
M-4 ずっと好きだった
M-5 ベリーベリーストロング

みんなで 歩いて帰ろう


やさしくなりたいと月光はクリーム色のテレキャスで。
エレキで月光は初めてで、ちょっと新鮮。
オリオン通りはronちゃんと演るので何か盗める技はないかと見てたんだけど
浜ちゃんがハイコード、せっちゃんがローコードだったそうで
そこを真似してみようか ってことになったような。
私はせっちゃんパートだからローで良いのかな?

それまでずっと座ってた客席は、せっちゃんで9割立ってました。
最前列で、めっちゃノリノリの2歳くらいの男の子が踊ってました。

最後、みんな出てきてからの歩いて帰ろうでは、せっちゃんがジョンBさんに
「はい、締めて」みたいな指示を出して
急なことだったようで「え、俺?」って感じで締めるジョンBさん。
打ち合わせは全くしてない感じのエンディングでした。


このイベントのような運動の甲斐もあってか、犬やネコの殺処分は減ってはきているらしいですが
まだまだかわいそうな子たちはいっぱい。
人間の都合で増やされたり殺されたり
そんなことは減るといいなと思います。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )








こういうチラシがツアー発表段階で配られちゃって
はたしてこれはセトリなのか何なのか、こっちはびっくりしちゃったんですけど
やっぱりセトリでした。

そんなんで、初日に参加するというのにワクワク感ゼロで全然期待せずに出かけたんですけど
ここに載っていなかった曲もあり、
本人がとても楽しそうで
思いの外踊ってくれちゃって、終わってみればすごく楽しかったです♪

グッズは朝っぱらから整理券が配られて10時に並んだという友達も300番台だったとか?
売り切れもいっぱい出てました。
私は今回そんなに欲しいものもなくて、ま、他の日にカレンダーだけ買えばいいかと思ってたんだけど
そんなに盛り上がっていたとは、正直びっくり。
さすが921に全国から集ったファン、本気ですね!!

9月21日はチェッカーズがギザギザハートで静かにデビューした日でした。
今日、初めて知ったんだけどキャッチコピーなんてあったんだね?
「退屈退治」だそうです。知らなかったー。
私が中学1年生の夏の終わりだったのですね。

ここから初めてライブに行けた日まで、長かったなぁ。

43歳になろうという今、ブーブー文句言いながらもライブに行ってます。
間違いなく、人生の中で一番長く大好きな人はフミヤです。


お昼はミハラ先生とフワフワオムレツ食べました。

  

会場は横浜、みなとみらい。ハシフィコ横浜国立大ホール 初めてです。



席は1階の44列目。遠かったー。
まだチケット来てないのが3箇所。1桁来るといいなぁ。

セトリはこちらです。もみくちゃになりながら必死で写真撮りました。




避けて通れないのが髪型の話題でしょうね。



こんなんでした。

最初遠くてよくわかんなかったんだけど
モニターにアップで映し出されたら、ファンから笑いのようなどよめきがおこりました。
変でしょ、それー。 みたいな。

F   昨日散髪したんだけどさ
会場  え~~~
F   散髪くらいするっしょ、そりゃ
会場  いやいやそうじゃなくて「それで散髪したの?」っていう反応なんですけど

このMCの後もMCの度に髪型気にしてて
「どうですか髪型」って確認するの。
だから変だってば。

アンコールの時にね、30周年の記念日のお祝いにヒロミとノリさんが来てくれて
その時にヒロミに
「あのさ、気にしてるほど髪型変じゃないよ」
っていじられてた。

最終的には
「会場の三分の一はイケてないって思ってるでしょ」
って言ってましたが、
おそらく過半数に思われてると思います。

あと
「俺、自分では天然じゃないと思ってたんだけど」
っていう発言にも会場に爆笑されてました。
ファン以外には知られてないかもしれないけど、彼は天然すっとぼけ発言が多いです。
でも自分では気づかないまま終わってしまうことが多いんだよね。

デビュー当時を振り返るMCでは
タカモクなんてサバ読んでるだろって思うよね とか
デビューしてレコード並んでるの「デビューしたっちゃね」って見に行ったとか
昔書いた詞を今回改めて歌って「青いな」って思ったとか
そんな話をしてました。

最近トオルさんに会ったという話も。
「あいつ失礼でさ、顔見た途端に「お前老けたな!」だって!
お前だって。。って見たら、あいつあんま変わってないんだよね。
「ほら見ろ、俺は昔から老けてるから変わらないんだよ」とか言ってたよ」

「チェッカーズデビュー当時、みんなは大体小中学生でしょ。
小中学生相手にエロい歌歌ってました」

フミヤが小学生の頃「22歳の別れ」という曲が大好きで
「早く22歳になりたいって思ってたけど22歳なんてガキだよね」
っていう話から
「今の22歳のイメージは黒コンで目玉大きくしてつけまつげで、爪色々塗ってスマホいじってる」
だって。すごい偏見。

「初めてのボトルキープは高校3年生。嬉しかった。もう時効でしょ?」

MCの順番めちゃくちゃですが
3曲歌い終わったところで
「チェッカーズの曲は興奮する。まだ3曲なのにもう疲れちゃった」

「オリンピック開会式はダフ屋からチケット買っても行きたいね。
こんなこと言ったらイベンターに怒られちゃうね」

オリンピック関連では、クリステルの真似してました。
おしぼり取ってくるね って後ろから持ってきて、
「お・て・も・と♪」
って言ってから
「おてもとって割り箸じゃん。」て、自分で突っ込んでました。


「ロックシンガー目指してるご子息がいたら、歌唱力はそんなに必要ないと伝えてください
味です。個性とかね
俺はものすごく上手いわけでもないし、下手でもない。中途半端。
で、こんなになっちゃいましたー(笑顔!)」




そうそう、私ね、チラシに載ってなかった曲で「TOY BOX」って、ほとんど覚えてなくて
「え、なんだっけこの曲?」ってライブ中に本気で悩みました。
覚えていないということはカップリングだ。何の?
って調べたら、今回ノリ男も踊ってくれたジゴロのカップリングでした。
で、家に帰ってCD探したけど、ない。
ってことは、当時、まだレコードだった??
1988年て、ビミョー。。
高校生だったからライブも行ってたと思うんだけどなんで皆がやってたあの振りも覚えてないんだろう?
ま、今ほど行ってないけどねー、ライブも。
1ツアーに1回か2回の参加だったと思う。
とりあえずCDがないことはハッキリしたので、チェッカーズのSIDEBのやつ、アマゾンでポチってしました。
今日、届きました。

フミヤのライブでアウェーな気分を味わったのは出産後復帰して以来です。

TOY BOX、カッコ良かった。

ギター弾き語りの2曲は、相変わらず指を見るときにマイクから口が離れるので
ボリュームが変わっちゃって「あーあー」って感じ。
でもギターではハーモニクスとかやっちゃって、「お」って思ったけど。

終始フミヤはニコニコして可愛くて面白かったです。
マイクもいっぱい回してたし
ここ最近のライブの中ではすごく踊ってたから楽しかった。

「自分で言うのも何だけど初日にしては高得点」だそうです。

思い出した順番にダラダラ書いてしまいました。
良いライブだったから、残り4回が楽しみです。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日もデコは仕事で帰りが遅くて、母とサトシと私、3人の食卓でした。

テレビでアンビリーバボーを見てて、
そこで、地面がブヨブヨしててちゃんと歩けない沼を紹介してました。




テレビでは何かを埋めるなんて話は全然してませんでした。
スーパーネガティブ!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日の続きです。

というわけで
あまりの暑さにしばらく中断していたウォーキングを再開しよう。
と思ったんだけど、ちょうど信号が変わりそうになって走り始めたら
なんだかすごく背中を押される感じだったので、今日はそのまま走ってみました。



スマホで記録をつけてます。
今日の記録は、

走行距離 3.90キロ
走行時間 30:13
キロごとのペース 07:45
消費カロリー 235
スプリット KM1 07:45分/キロ
      KM2 07:31分/キロ
      KM3 08:03分/キロ
      KM4 07:40分/キロ

ゆっくりペースだけど汗びっしょりになってその後のシャワーが本当に気持ちいいです。

健康診断まで約2ヶ月。
がんばるぞ
おー


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




今日、さんまちゃんの転職のテレビやってたんだけど(これを書いてる今もやってる)
色んな人の転職の紹介。

モデルか何かやってた可愛い女の子が、競輪選手になってて
サトシにも勧めたの、競輪選手儲かるんじゃない?って。
そしたら母が

「競輪選手なんて筋肉すごいんでしょ、足とか。」って。



せっかく進路の話をしようと思っても
なかなか上手くいきません。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




まずは、私もよくわかっていなかったこのイベントの説明をコピペしておきます。

JFL(Japan Fm League)は10月に20周年を迎えます。

JFL(Japan Fm League)は、北海道から九州まで、5つのFMラジオ局(NORTH WAVE、J-WAVE、ZIP-FM 、FM802、CROSS FM)で構成されている組織で、1993年10月に結成しました。各局ごとステーションカラーである自主性・独自性を生かしながら、5局が連携した全国展開で、日本の音楽文化や各エリアの文化発展に貢献してきました。そして2013年10月、結成から20周年を迎えます。その20周年を記念して、さらなる10年、20年に向かうためにJFL5局が「FOR THE NEXT」と題し、イベントや特別番組の放送をおこないます。

20TH ANNIVERSARY SONGは、 斉藤和義が書き下ろし!
「カーラジオ」 / 斉藤和義


全国5箇所のZeppをせっちゃんと誰かが回る、ちょっとしたこのツアー、
東京はレキシとせっちゃんだったんだけど、私は仕事で行けませんでした。
行けるのはどこだ?と見てみたら名古屋がBAWDIESじゃん!てことで
往復高速バス、翌日はちゃんとお仕事へ。という弾丸遠征決定。

高速バスは往路2,000円、復路は深夜で4,700円と激安。

当日朝は4時半に起きてサトシの弁当を作り、
デコを起こして6時には家を出て
新宿で若干迷子になりながらバス乗り場に無事到着、
8時に新宿出発ー!

お隣の席の女の子はバスには慣れた様子で、ささっと寝てしまいました。
なんと到着の13時半まで、休憩のときも動かず、ずっと寝てました。

私はまずは朝ごはん食べて、ちらっとゲームして、
あとはアイフォンで全曲シャッフルしながら寝たり寝なかったり。
2度の休憩時には待ってましたとばかり、外に出て身体を伸ばしました。
最初の休憩の足柄パーキングエリアでは、トイレやお店がきれいなのにびっくり。
後から職場の真野さんに言われて気づいたけど、新東名だったのね!なるほどー。
中にはデパートのインフォメーションみたいなところがあって
まあまあきれいなお姉さんがいたので
「富士山はどっちですか?」と聞いてみたところ、丁寧に教えてくれました。



富士山、まったく見えず。

二度目の休憩は浜松。



ここでも富士山は見えず。パーキングエリアはやっぱりきれい。
楽器が展示してある休憩スペースとかあったり。



2度めの休憩の後、到着までは1時間半くらいと中途半端だったんだけど
バスの各席には小さいテレビみたいなのがついてて、それぞれ映画とか見れたので
ラインナップの中から、この前テレビで見たばかりの「るろうに剣心」を選んで
なんとなく見てました。

定刻で名古屋に到着。
バスを降りたら暑くてびっくり!
東京から同じく高速バスに乗ってたronちゃんの到着までちょっと時間があったので
ライブ後に行く予定の銭湯の場所を確認しに行きました。



あったあった。

その後ronちゃんと合流して矢場とんへ。



美味しかった~。
ビールも。
あっという間にアルコールを分解した私と、なんだか真っ赤っ赤のronちゃんは
かつて名古屋に住んでいて今は大阪在住のOPALさんと久しぶりな再会。
お茶しながらきゃーきゃーはしゃいでたら、あっという間にライブの時間となりました。



会場前ではまた友達と再会。
マサさん、愛ちゃん、のりたまこさん。
ライブ後にinaさん、ジョナサンさん。

今回は弾丸スケジュールでゆっくり話せなかったけど
ツアーでまたいっぱい会えるよねー。

さて、ライブですが(前置き長っ!)

のりたまこさんが取ってくれたチケットが30番台と良番!
みんなはセンター2列目へと行ったけど、私は端っこだけど最前を選びました。
位置は左側、BAWDIESのTAXMAN立ち位置より更に左側、スピーカー前。
始まる前までは殺気立った様子もなかったけど、
BAWDIES登場で来ました、激しい押し!!
バーと押しに挟まれて、肋骨折れるかと思った。

なんでも全国でこの名古屋が一番、モッシュが酷いそうです。
特にBAWDIESのファンの中にはお行儀悪い子がいて、
若い男の子が最前の小さい女の子の頭を手で上から押し付けて
払ってもまた押し付けてきて、
結果的に最前から追い出すという卑劣な行為をしたりするんだって。
小さい女の子は、最前じゃなきゃ見えないのに。
良番、やっと取っただろうに。
もちろんこんな卑劣な行為をするのは一部なんだろうけど、
そういうのは毎回現れるので目立つし、そのアーティストのファン全体の品格を一気に下げるのよね。

そんな情報を頭に入れつつ、最前に立った私ですが、まあ、端っこだったので大丈夫でした。
ただ、私の左隣は始まるまで背の高い女子だったのに
始まってみたら背の低い女子が間に入っていて、
一人の幅がめっちゃ狭くて、でも負けないぞ!って、絶対肩を抜きませんでした。
ふんっ!!




いやー、BAWDIES、カッコ良かった~!楽しかった!
JIMのヒゲはちょっと「えー」って思ったけど。
私はTAXMAN側だったので、お顔をガン見させていただきました。
顔は、この中じゃ一番好みだわー。
ROYもいいけどね~。マーシーも可愛いけどね。
キュンと来るのはTAXMANだわね。

ROY君はこのライブの前に美容院に行ったそうなんだけど
そこで偶然MARCYに会ったんだって。
MARCYはドラマー。本当に普段喋らないんだけど
美容院ではめっちゃテンション高くて別人のようだったそうです。

後でせっちゃんがBAWDIESについて話ししてたけど
フェスで一緒になった時に、
舞台の?手すりも何もなくてそのまま行ったら落ちちゃう崖っぷちみたいなとこで、
目隠しをして、誰が一番ギリギリまで行けるか っていう遊びをずっとやってたんだって。
4人でずーっと。
せっちゃんは「頭おかしいでしょ」って言ってました。

セトリはわかんないけど(そのうち拾って貼ります)
新曲以外は全部知ってる曲で、手を上げるポイントもわかったから楽しかった~。
ROY君、たまに歌詞がゴニョってなった気もするけど英語だからよくわからず。

50分くらいでBAWDIESは終わって、次はせっちゃん。
隣の横入り女子はいなくなって、きつきつも解消されました。
ライブが始まっても押しはほぼなく、快適な環境でせっちゃんも全身きれいに見えました。
衣装はこの前のヨロチクビと一緒。

ここもセトリは後でオフィシャルから載せようと思いますが、
セトリにはちょっと不満あり。
やさしくなりたい とか ずっと好きだった とか 
ここ最近の爽やか系ばっかり。
もっと、なんというか、うおーーー!ってできるような黒和義が見たかった。
特にずっと好き~で、手を上げるのにはなんか違和感あるのよねー。
もっとさ、
社会生活~とか、ポスマヨとか、
一人よがりとか、男よそれが正常だとか、ここでやってくれたら涙もんだったのになぁ。

アンコールは歩いて帰ろうの後に、BAWDIESも呼んでビートルズをセッション。
MARCYはタンバリンを手に、ROY君はハンドマイクで。
最後にはみんなで手を繋いでご挨拶。

いやー
楽しかった。

会場を出て、ダッシュで銭湯に行ってスッキリ!
あ、そうそう、
この日、名古屋ドームではエグ○イルのライブだったらしく、
名古屋の街にはそのツアティー着た若者がウロウロしてました。
で、銭湯にもいました。
帰りのバスの中にもいました。

ライブ遠征楽しいよねー。

帰りのバスはお尻が痛くて大変だった。
椅子でシートベルトしながら寝返り打つの大変。足に血が下がったままでダルいったらないし。
そんなんでやっぱ、熟睡はできないけど、まあ、思ったよりは寝られたかな。
朝5時半に新宿西口に着いて、6時半に自宅最寄り駅到着。
デコは入れ違いに出勤していきました。
サトシのお弁当はご飯がなかったので早々に諦め、お昼代奮発して渡したら
機嫌よく登校してゆきました。

母はこの後も度々いないんだぜぇ。ヨロシクヨロシク♪
(母の母が一番迷惑(^_^;))

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




新学期が始まり、サトシのお弁当作りも再開です。
必ず入れる卵焼きは、卵を2つ使って6コに切り分けて
サトシ4、藤子2でお弁当に入れます。



昨日の朝。





朝から争いの絶えない我が家です。


夏休みの間、不規則な生活でなんだかガリガリなサトシは
バイトから帰ってきても夕飯もちょっとしか食べません。
昨日に至っては、全く食べませんでした。肉なのに。
一日一食、食べたのは弁当のみ。

 お弁当箱出しとかないと明日作らないよ!

と脅すと




今日は母の美味しいもつ煮込み食べてました。
良かった。
さすがにモツ煮込みはお弁当には入れにくいからね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




台風の行方が心配されたさいたまスーパーアリーナ公演。
台風はそれて、ライブ中に雨が降ったみたいだったけど行きも帰りも傘は必要ありませんでした。

ライブ前に近くのサイゼリヤで友達と一緒にワクワクした時間を過ごすのがまず楽しかったー(*´∀`*)
次に行くライブのチケットの受け渡しとかね。
ワクワクは春まで続くのだ。

そうそう、このとき友達のかぶかぶさん編集、20周年記念せっちゃんDVDをいただいたの。
1994~1997のせっちゃん。
これ、昨日見たんだけど
それについての日記を別に書きたいくらい楽しかったです
今だからこの頃のソバージュせっちゃんも愛おしくてたまらないけど、
1994年の私は、やっぱり好きにはならなかったと思う
かぶかぶさんの見る目はすごいね!
その前段階のストレート長髪せっちゃんはもっと無理(^_^;)

無事、現在のようにカッコいいおじさんになったせっちゃんを
今回、なんと、さいたまスーパーアリーナで、
最前列で観てきました!!

きゃーー

昨年2月の武道館でも最前のチケットを当ててくれたronちゃんが、
今回もつかみとってくれた運
位置はね、ケンジの前辺りでした。
神戸では後ろだったけどせっちゃんに触れたし、さいたまでは肉眼でバッチリ見れたし
ヨロチクビ、最高でした。

セットリストは公式HPより。
使用ギターは脅威の記憶力を持つマサさんより、データいただきました。


SET LIST

M-1 ずっと好きだった【KS-330】
M-2 Hey! Mr.Angryman 【KS-330】
M-3 Are you ready? 【クリスタル。隅ちゃんも】
M-4 カーラジオ 【赤12弦】
M-5 ワンモアタイム 【J-45半音下げ】
M-6 愛に来て【J-45半音下げ】
M-7 俺たちのロックンロール 【オベーション白12弦】
M-8 僕の見たビートルズはTVの中 【グレッチ白】
M-9 進め なまけもの 【J-45】
M-10 空に星が綺麗〜悲しい吉祥寺〜 【J-45】
M-11 郷愁 【J-45】
M-12 老人の歌 【グレッチ白】
M-13 無意識と意識の間で 【J-45】
M-14 月の向こう側 【キーボード】
M-15 歌うたいのバラッド 【レスポール黒】
M-16 何処へ行こう 【J-45】
M-17 砂漠に赤い花 【J-45】
M-18 BAD TIME BLUES 【J-45】
M-19 やさしくなりたい 【J-45半音下げ】
M-20 Hello! Everybody! 【テレキャス白 指板メイプル】
M-21 ロケット 【テレキャス白 指板ローズウッド】
M-22 ベリー ベリー ストロング〜アイネクライネ〜 【テレキャス白 指板ローズウッド】

センターステージでの弾き語り
EN-1 アゲハ 【J-45】
EN-2 やわらかな日 【J-45】
EN-3 彼女は言った 【J-45】
EN-4 月光 【J-45半音下げ】

メインステージに戻りバンドメンバーと共に
EN-5 君の顔が好きだ 【キーボード】
EN-6 Always 【J-45】
EN-7 月影 【J-45】
EN-8 歩いて帰ろう 【レスポール金】

カメラが結構邪魔だったけど、前回めっちゃモニターにお世話になったのでカメラのありがたさは知ってる。
ちょっと避ければ見れるさ。
近すぎて靴は見えなかった。
会場、客席の私も暑かったくらいだから、ステージのせっちゃんはすごい暑かったんだろうなー。
すぐに汗だくになって、髪の毛ぐちゃぐちゃでした。
汗で顔に張り付いて、ビジュアルは結構やばかったのでは?

Are You~?の私の萌ポイントでは、隣のronちゃんも「きゃー」ってなってました。
だよね?たまらんよねー?
うはうは

最初のMCだったかな?
会場を見渡して「すごいね」って。「俺って意外と人気あるんだね」って。
神戸に引き続き、NHK連ドラの「あまちゃん」の話をしてました。
見てないからいまいち(っていうか全然)わからないけど
ヒロインの女の子が「アキ」っていうの?
おかげで後で私が一人でうはうは喜ぶことになります。
あ、
私、本名、「アキ」なんです。えへへ。

せっちゃんは最初から見ていたんじゃなくて、ダイジェストみたいなの見て、その後徹夜でハマったそうです。
クドカンだもんね、きっと面白いのでしょう。

せっちゃんジュニアの話もしてました。
3歳になったジュニアは、最近せっちゃんのピックを見て
「これはとーちゃんのマークなの?」って聞くんだって。

かわいい!!

「そうだよ、とーちゃんのマークだよ」と応えたそうです。

「そろそろきてますね」って。
「仙人系ってことで」って。

せっちゃんは仙人系だからせっちゃんなんだって。
ウィキペディアに書いておいて、って言ってました。誰か書いたかな??

カーラジオのギターは12弦でした。
ほとんど弾かないけど。
エレキにもあるんだね、12弦。
最後はやっぱり、ギターをくるっと後ろにまわして
「お前のとなりを」 で客席を指差して、「飛んでる」で両手を広げて羽ばたいてました。
せっちゃんを見なきゃ って思うんだけど、バックの動画が好きすぎてつい見ちゃう。
あ、そうそう、
このデザイナーのオオクボリュウさんのTシャツ買っちゃいました。そして着て行きました。
ツアTよりこっちのほうが好き。

愛に来てのときだったかな
ギターが汗で、雨に濡れてるみたいにビショビショなのが見えました。
ギターってどのくらい濡れても平気なのか謎だわ。

僕ビーでは、バックに戦争の映像が映し出されます。
今も変わらず、世界のどこかで必ず戦争してますね。
この曲では、アンプを通さない、ギターの弦を弾く生の音がよく聞こえました。
白いギターがきれいでいいなぁと、ronちゃんが言っていたので
「買っちゃえ」と囁いておきました。

郷愁は、暗いけど今度弾こうと思いました。
 
歌うたいの時には、イントロで会場から拍手が。
この拍手があると、ああ、今日は初めての人とか多いんだな って思います。
そういう私も2008年せっちゃんデビューの新しい方のファンだけども。

前にいると後ろの盛り上がり度がよくわからないんだけど、
やはり神戸はデビュー記念日の当日だったし、コアなファンが多かったとみえて
盛り上がり方が違いました。
さいたまは、ちょっと遠慮がちな盛り上がりとでも申しましょうか。。
ま、私達は最前でめっちゃテンション高かったですけど。

砂漠、今回もカッコ良かった~~!!
ベリベリもきゅんきゅんしながら聴きました。

第1部終了して、LEDには若いせっちゃんから今のせっちゃんの写真が映し出されます。
これを、神戸では落ち着いて見れなかったんだけど
今回はゆっくり見ました。
お祝いコメントは吉井和哉さん、達也さん、カエラちゃん。

そして後方のステージにせっちゃん登場です。


やわらかな日で、途中手が攣ったのか、一瞬左手がギターから外れました。

「彼女が言った」の妄想寸劇ではいつもの「言え」「いやん、言えない」のやりとりが繰り広げられたわけですが
ここで
「何が欲しいんだ、アキ」
って、あまちゃんのお陰で名前呼んでもらえました~
人知れず喜ぶ本名アキの藤子。

月光ではせっちゃんは完全に背中をむけて歌っていたので、双眼鏡で腰やらお尻やら眺めてました。

あ、アルバムのタイトルが決定したってここでお知らせがありました。
神戸ではタイトル未定で、仮題は「右乳首 左乳首」とか言ってたけど
決まったタイトルは「斉藤」と「和義」だって(^_^;)

昨日、メールで収録曲もお知らせが来ましたが、フミヤに書いてくれた「罪滅星」のセルフカバーも入ってる!
これはかなりかなり嬉しいでございます

Alwaysは、やっとちゃんとギター持って弾いてましたね。
弦も切れることはなく。
歩いて帰ろうでは、風船いっぱい降りてきました。
すごく楽しかったけど、神戸みたくアンコールはなかったです。
むー。残念。
やっぱ、広すぎるな、会場。
でも楽しかったー。

全部で3時間半、より長かったのでは?
ありがとね、せっちゃん
ほんとにありがとーーー!!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久しぶりのせっちゃん、ワクワクしすぎて大変でした、神戸!
月曜日が会社の創立記念日でお休みでしたので、
デビュー記念日の25日に参加することができました。

大阪、神戸は当日の朝すごい雨だったらしく
その影響で大阪から神戸までの電車のダイヤがめちゃくちゃでしたが
早めに到着していたお陰で無事到着。
神戸牛のランチも美味しくいただきました~。



ライブが始まる頃には天気は晴れ!
さすがせっちゃん晴れ男。

席はアリーナでしたが44列目、左側。
後ろなら後ろで、いいことあるよ って前日より参加の友達には聞いていましたが
いやいや、素晴らしい席でした!
前半はほぼ見えなかったんだけどね。
前にすごく背の高い男子と室内なのに帽子かぶった女子がいて。
背が高いのは仕方ないとして、帽子は脱いでいただきたい。
上に盛るヘアスタイルもやめていただきたい。

そんな訳で双眼鏡も持って行ったけど使う気にもならない視界で、
あきらめてモニター見てました。
セットはシンプルだなーと思ったけどせっちゃんの後ろは全面LED。
映像や照明、キラキラしてました。

カーラジオのPVの、オオクボリュウさんのイラストでライブ幕開けです。

1曲目はちょっと意外だった。


【セトリ】
01. ずっと好きだった
02. Hey! Mr.Angryman
03. Are you ready?
04. カーラジオ
05. ワンモアタイム
06. 愛に来て
07. 俺たちのロックンロール
08. 僕の見たビートルズはTVの中
09. 進め なまけもの
10. 空に星が綺麗
11. 郷愁
12. 老人のうた
13. 無意識と意識の間で
14. 月の向こう側
15. 歌うたいのバラッド
16. 何処へ行こう
17. 砂漠に赤い花
18. BAD TIME BLUES
19. やさしくなりたい
20. Hello! Everybody!
21. ロケット
22. ベリーベリーストロング~アイネクライネ~

23. やわらかな日
24. アゲハ
25. 月光
26.彼女は言った
27. 君の顔が好きだ
28. ALWAYS
29. 月影
30. 歩いて帰ろう

31.ガッツだぜ!
32. 罪な奴
33. 社会生活不適合者


アングリーマンはライブでやると、どんなアレンジでもカッコいい!
アーユーレディは、いつも通り低音が響いてゾクゾクします。くー。
カーラジオは、初!
あのPVをバックに歌ってました。あのPVほんと好き。大好き。
そして見どころは一番最後!ギターをくるっと後ろに回して、両手を広げて羽ばたくせっちゃん。
振り付きですよ!!
あ、この曲はほとんどギターは弾いてませんでした。
あのリフで歌うのはさすがに無理なのかしら。
やれば出来るけど必要ないからやらないのかしら。

愛に来て、俺ロク、久しぶりー。
俺ロクはイントロで「おーー」ってなりますね!
会場は頑張って高い声で「あらびゅ~~~~ぅ♪」って、返していました。

この辺のMCで、
このライブをやるに当たり昔の曲を色々持ってきたんだけど
ライブでどんどんアレンジが変わってる曲を、一度戻ってCDに忠実にやってみようってなったんだって。
CDは作った後はあまり聴かないけど、改めて聴いてみると
「いいじゃん、これ」って思ったり「もう少しこうしたかった」って思ったりするんだって。
そんな話をしていました。

僕ビー、なまけもの、空星はギターで定番で弾いてる曲達だから、
なんか久しぶりという気がしません。
あー
一緒に弾いてみたい。

郷愁は、そんなに難しくないんだけど暗すぎてあんまり弾かない。
暗いけど好きだけど。

無意識と意識、これはせっちゃん結構演るよね?好きなのかな。
せっちゃんと奥さんの恋愛模様がどうしても浮かんできてしまう嫉妬曲です。

歌うたいは、相変わらずアウトロが長かった。
でも、短く終わっちゃったらきっとすっごい違和感なんだろうな。
私、チェッカーズが好きだった頃からずっと、こういうアウトロとか本当にどうでも良くて
次の曲に早く変わらないかなーとか思ってる普通の子だったんだけど
せっちゃんを好きになってギターや演奏を聞くようになって
聴き方が変わりました。がらっと。
間奏やアウトロは、歌がない分ギターはめんどくさいこといっぱいやってて
ほぼ真似できませんね。月影は頑張ったけど。

そんで
何処へ行こうからの砂漠!
その2曲だけでも弾ききれない自信があります。(^_^;)
速い!
転調カッコいい!!
いいなぁ 砂漠の転調、真似したいなぁ。。
ここからベリベリまで、お祭りみたいで楽しかった~!
ロケットのイントロの指はどれだけ開いてるのか近くで見たかった。
ベリベリは、私が参加し始めた2008年にはやたらと聴いてた曲だったけど
そして長くて「他の曲2曲やってくんないかな」とか思ったりもしたけど
今回は久しぶりだったので新鮮でした。
歌詞間違えない。噛まない。すごいなー。
そしてこれのアウトロも、もう、せっちゃん倒れちゃうんじゃないか?っていうくらい
すごい気合が入ってて うわーーーってなりました。

うーん
42歳の文章とは思えない。

ここで第1部は終了。

一応アンコール的な拍手があり、ちょっとするとLEDスクリーンに
会場に来ていたお客さんのお祝いメッセージと
縁の方々(クロマニヨンズ、民生さん、長澤まさみ←かげろう関係)からのメッセージが映し出されて
一方、私達の席の周辺がザワザワし始めました。
警備のスタッフがいっぱい。ロープ張ってるし。
私達のすぐ後ろ、後方中央のスペースにはマイクが立てられ、せっちゃんを待ってます!
これは大阪城ホールのときと同じ。

そしてそして
せっちゃんは、本当に私達のすぐそばを通って、そのステージに立ちました!
右の肩、触っちゃった~~Tシャツの上からだけど
後方ステージでは4曲を弾き語りで。
「なかなかの恥ずかしさですよ?」って言ってた。
でも「気分がいいからもう一曲やっちゃおうかな」って始めた「彼女が言った」の寸劇は
いつもどおりのノリノリせっちゃんでした。
前日はこの後方ステージでやった「僕をうずめて」で、左手が攣ってしまいストップしちゃったんだって。
でも今日はマッサージもしてもらったし、大丈夫って言ってました。

後方ステージからの帰り道も、私達の後ろを通ります。
4曲演奏して汗だくのせっちゃんの左腕に直接タッチ!せっちゃんの汗で私の手がビショビショです!
周りにもそんな女子がいっぱいで、
みんなでキャーキャーとその汗を化粧水のごとく顔に吸い込ませておりました。

遠いステージに戻って一曲目はピアノで君顔。
これ、そのうちギターでやってくれないかなぁ。

そして新曲Always。前日はこの曲も手が攣っちゃって、途中で弾くのやめたんだって。
私達が見た25日は、手は大丈夫だったけど4弦が切れて、
ローディーさんが代わりのギター持ってきたけど断ってハンドマイクで歌ってました。
せっちゃんのハンドマイク姿は面白い~~
そのうちフミヤみたいにマイクスタンド使ってくれないかしら。ぷぷ。
あ、風船が上から撒かれたのはAlwaysの時だよね?



最後に歩いて帰ろうで、欽ちゃんジャンプで盛り上がって
メンバーみんなで前で挨拶ってときに、会場からほんとのアンコール!

もうすでに30曲やってて、さすがに準備してなかった様子で、
でもなんとか応えようとしてくれて
そんなせっちゃんが益々大好きになりました。
グダグダガッツだぜ!おもしろかった~~。
罪な奴から社会生活、つながってました。その切替の合図はどうやって行うんですか??
バンド、すげー。。
社会生活は盛り上がりますね!やるべきですね!

最後、せっちゃんに「帰れw」と言われて
LEDスクリーンには「帰って。斉藤和義」と直筆メッセージが映し出されて終了ー。

ほんとにほんとにありがとー、せっちゃん!!楽しかった!
神戸まで来てよかった!

3時間半の夢の様なライブの後、全国から集った友達みんなで乾杯♪
ヨロチクビー で、写真を撮りました。
デコとタメの子もいたよ♪そしてほぼ全員ギタリスト。







コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )