アユタローの気ままに晴釣写楽

夏は鮎釣りそれ以外はカメラ片手に気ままに飛び歩記

良型がお出迎え

2017-07-23 21:39:27 | 鮎釣りーA川

 ご訪問いただきありがとうございます。

 

下流側の荒瀬の瀬肩から釣り始めるが、1時間コトリともしなかった。

掛かったのはボウズハゼ2匹のみで上流側に場所移動。

 

昨夜の雨で13cm程増水してるので増水時は良く掛かる場所の瀬肩に行く。

 

左岸から流心と泳がすが反応がなく、いつもは必ず掛かる流心の大石周りも無反応。

真ん中に立って右岸に持っていくとオトリが流された。

竿を上げてみたら重みがズッシリとあり良型が掛かっていた。

左岸に寄せるために引き寄せるが流心を切るのが一苦労で、寄せてから上流側に

抜き上げ落としてからタモ入れする。

(上がオトリ)

 

午後の良いオトリが獲れたので午前はこれで終了した。

 

今日は右岸側が掛かると読めたので午後は右岸の荒瀬への落ち込み寸前の

キワを狙った。

20~23cmがテンポ良く掛かるが、荒瀬に引っ張りこまれると大変なので

取り込みが大変だった。

 

用事があったので2時半に納竿したが、3時間くらいで曳舟の昇天前の鮎が

2匹おり変色が激しくなっていた。

水温の高いのも原因だろうと思われる。

 

 

今日の釣果 18~23cm 7匹(オトリ別)

『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 流れ、石、良いコケあれば鮎... | トップ | 瀬でしかかからなかった »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む