アユ母日記

東日本大震災
平成23年3月11日
あの日から会えなくなったアユと凛へ
思いが届きますように

思いはみんな違うから

2016年10月08日 | 日記
私は「生きている人のエゴ」って話しをしたかった。
この世の中は未来ある人への投資はするけど
過去になったものへの投資はしない
って話しをしたかった。

言葉で言うとあまり伝わらなくて
理屈を聞きたくなくて
面倒くさい話しじゃなくて
「思いが違うから話がすれ違う
そんな事言って欲しい訳じゃない」って
言ったら
「誰でも思いは違う」って言われた。

誰でも思いは違うけど
私的には
子供をなくした人の「思い」

なくしてない人の「思い」
のその部分の「思い」を言ったつもりなのに
中々通じない。
話すのが嫌になる。

だから口を閉じる。

差別的な話しになってしまうのかもしれませんが
子供のいる人

子供のいない人
の日常の話しが違う様に
子供をなくした人

子供をなくしていない人
の話しや思いや受け入れが違う。

当たり前だと思うかもしれませんが
日常のちょっとした事にそれを感じます。



その思いの差が
時間と共に少しずつ時々スピードをあげて
大きくなってる気がします。

悲しいのは
あなただけじゃない。
とか
今を生きる事だって大変なんだ
とか

時々
そうやって遠回しに言われているようで
不快な気持ちになるのは
私が悪いのかな?
わからなくなります。

だから
黙っていればいいんだ
って思う。

子供が生まれて人生が変わるように
子供がなくなって人生が変わります。
生まれるのは望むから
かもしれないけど
なくなるのは
望んだ訳じゃない。

わかるかな?
わからないよね。
当たり前だけど…
子供なくさないと
わからない…
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホッとしました。 | トップ | 休憩中 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-10-08 18:29:08
遠い昔の話になりますが、、、、。
当時二十代だった父は生後6ヶ月だった我が子を亡くして
間も無く妻もなくしたらしいです。
その後の再婚で生まれたのが私です。
父から何も聞いたことはありませんが心の中は、、、、。
口にしないだけで色々な想いあるかも知れませんね。
写真では見た事があります。
生後6ヶ月の赤ちゃん、、、、可愛いです。
一方的な話をしてしまいごめんなさい。
すみませんでした。
Re:Unknown (ayu-rinrin)
2016-10-08 18:43:08
そうですか。
多分お父さんは相当苦しんだ、今も苦しいかもしれませんね。
人の人生は様々あって、悲しい事、苦しい事、辛い事そして楽しい事、嬉しい事。
それが人生で、それが生きる事なんじゃなきかと思います。
だから私は、一番辛いのはアユと凛だよな。っていつも思っています。
せっかく生まれた我が子を大好きな人達の中で育てられなかった。
病気でもなく、事故でもなく健康体で生まれたのに…姿もなく。
辛いのは早くになくなった方達だと思いますよ。
お父さんはきっとわかってらっしゃるんでしょうね。幸せに育てられたと思いますよ。
感謝しなくちゃ…ね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。