アユ母日記

東日本大震災
平成23年3月11日
あの日から会えなくなったアユと凛へ
思いが届きますように

時々我慢しない妥協しない。

2016年12月20日 | 日記
すごい地雷を踏まれたら
「嫌だ」と言う事にしています。
だいたい色んな事に大丈夫になって来たのですが
アユと凛の事で傷つけられた時
「その話しは嫌だ」と言う事にしています。

我慢して妥協してた時もあったのですが
我慢出来ない時もあったりして…

笑いながら
「見つかったの?」と聞かれた時も
「運命だ」とか「宿命た」とか言われた時も
「あちこちで子供がしぬじゃん!」って言われた時も
反論した。
それは当たり前なんじゃないかと思います。

反論してその人と関係が壊れてもいいし
そんな事怖いと思っていないし
いい人でなくていいし
それよりもアユと凛が遺したものの方が大切だったりします。

震災の後
「良い人」だと思っていた人が
実はそうではなかったり
地味に目立たない人が情に熱かったり
命を失う事で見えた人間性が前とは違った。
傷ついた事には
「傷ついた」と言葉に出さないとわからなかったりした。
だから
その人の為にも嫌な事には「嫌だ」と言う事にした。
何でもかんでも言う訳ではないですが…
時と場合にも寄るし…

だいぶ地雷も少なくなりましたけどね。

時々
妙に面倒くさい自分です。
仕方ないですけどね。
子供達をなくすと多分わかります。
人の命の重さだけ面倒くさくなるもんです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無事到着 | トップ | もう日曜日の話し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。