アユ母日記

東日本大震災
平成23年3月11日
あの日から会えなくなったアユと凛へ
思いが届きますように

気持ち持っていかれる

2017年06月15日 | 日記
知ってる人の子どもがなくなる話しを聞くたびに
気持ちが持っていかれて
ナーバスな感じになります。

寝たきりになって話す事さえできなくなっても
生きてるのと
しんでしまう事は
全く違う…

どんな状況でも
心のどこかで
「奇跡」を願うのが
親かな…と思います。

私は今も
その「奇跡」を願う気持ちがなくならない。

いつかどこかで
アユと凛が…
と思います。

会えない
って悲しいね。
悲しいですよ とても…
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寝坊した日 | トップ | お通夜でした。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
夜分におそれいります (大阪のズッコケおじさん)
2017-06-16 21:30:15
住み馴染んだ街並みが廃墟となろうとも簡単に捨てきれるものじゃない。
たとえ小さな力でも集まれば,津波以上の新たなる力が生まれると私は信じます。支えたる家族の全てを亡くした少女の写真を見て私は涙が止まりませんでした。
なのに違う方向から見て無慈悲な意見をする感性合わない人がいるのが悲しく切ないですね。
貴方もめげずに頑張って下さい。皆が笑顔でいられる街に戻るのを信じています。
Re:夜分におそれいります (アユ母)
2017-06-16 21:34:34
娘と孫は震災被災地でしたが、私は同じ東北でも日本海沿いなので、被災地ではありません。
ご心配いただき、コメントありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。