前道議の挑戦 その3

前北海道議会議員。
日頃の活動と私の“想い”を感じ取って頂ければ幸いです。

安全と経済は別

2017年03月25日 | 日記

今年は雪解けも例年以上に早く、すっかり春の気配の共和町です。

早いもので今日は25日。

選挙の告示まで一ヶ月となりました。

今月11日には「事務所開き」を行い、多くの方々から「祈必勝」のお酒なども頂きまして心から感謝申し上げます。

この事務所開きで何よりも大事なことは、「福島第一原発の事故原因が究明されるまでは、泊原発の再稼働を認めない。」と公にしたことでした。

これまでは取引的にもお世話になっている北海道電力や労働組合にも遠慮して「再稼働せざるを得ない」としていましたが、北電関係は現職支持の立場を鮮明にしている以上、堂々と公表すべきと考えました。

当日は折しも東日本大震災から丸6年を迎えた「3.11」。

いまだに2万5千人以上の方が行方不明で、12万3千人余りの方が故郷を追われ避難生活を余儀なくされている現状を、我々は再認識しなければなりません。

間違っても二度と「想定外」は許されません。

町民の生命、財産を預かる町長として町民の安全を第一に考えることは当然です。

もちろん多くの雇用を依存してることは事実ですが、「安全と経済は別に考えるべきで、安全があって初めて地域の経済が動く」。

この信念を持ってこれからの選挙戦を戦って参ります。

今日の道新後志版には「情勢読めぬ」の記事。

ただ、まだまだ私は3番手だと思っています。

しかし、是非「公開討論会」を実現していただき、私の政策と想いを伝える機会になれば有り難いと思っています。

最後まで諦めず、初心を貫きます。

「かえよう共和!」

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

骨格予算

2017年03月07日 | 日記

今日、52回目の誕生日を迎えました。

フェイスブックにも多くの方々からお祝いのメッセージを頂き、心から感謝申し上げます。

もう52歳、いや、まだ52歳・・・

どちらにも取れる年齢ですが、とにかく今、自らに与えられた仕事を精一杯やり抜くだけだと思っています。

まだまだ若輩、浅学非才ではではありますがご指導、ご支援頂きますようお願い申し上げます。

さて、4日の道新後志版の記事です。

いつも通りの予算の発表に見えるかもしれませんが、実はとても失礼な予算発表です。

と言うのは、町長選挙を来月に控えているにも拘わらず、例年通りの予算編成が行われていることが問題です。

本来であれば「骨格予算」と言って大筋の予算組みはするものの、細かな政策の部分については次の町長が決まった次点で補正予算を組んで予算を最終的に仕上げるというのが「筋」なんです。

何故なら選ばれた町長によって政策は違い、予算編成もも変わって来る訳ですから・・・

それを堂々と例年通りに予算編成が行われたのは、40年も選挙をやっていないから「骨格予算」を知らないのか、あるいは知っているにも拘わらず敢えて行ったのか?・・・

いずれにしても納得のいかない予算だと言わざるを得ません。

道においても、知事選挙が行われる年には骨格予算を組むのが当たり前です。

こんなことが行われること自体が、この町の異常さを示しています。

40年間、町長選挙が行われなかったことによる弊害が至る所に出てきています。

だからこそかえなければならない。

「かえよう共和!」

代える、替える、変えるんです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かえる

2017年02月02日 | 日記

早いもので如月・・・

明後日は立春とは言え、まだまだ寒い日が続いています。

今日も風が強く真冬日。

それでも毎日毎日各地域を歩いているうちに、あっという間に月日が流れていきます。

先月26日には選挙管理委員会から町長選挙の日程も発表されました。

4月25日公示、30日(日曜日)投票日です。

残り三ヶ月・・・

歩いていても流石に選挙があることは、町民の皆さんにも認識されてきたようです。

既に投票するひとを決めている方もいらっしゃるようですが、まだ決めかねていると言う方も多く見受けられます。

最初から駄目な方はしようがありませんが、決めていない方々に私の政策を如何に訴えかけていくか、それしか無いと思います。

町を変える。

そのためにはトップを替えなければなりません。

これまでのやり方を代える。

「かえる」んです。

かえよう共和!

「CHENGE」です!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

共和を投げていった・・・

2017年01月23日 | 日記

町長選挙への出馬表明以来、余りブログを更新していません。

先日も「ブログ更新していませんね。」というご指摘を頂きましたが、選挙は情報戦でもあり、あえてそうさせて頂いていることをご理解頂きたいと思います。

さて久しぶりのブログは私の今の想いを書きたいと思います。

各陣営の動きが活発になる中、「向井は町議を途中で辞め、共和を投げていった(捨てていった)。」という批判があると承知しています。

2007年2月に私は共和町議会議員を辞職し、札幌市北区で道議選に出馬することを決めました。

町議として3年3ヶ月の在任期間、私なりに議会活動を精一杯行い、町民皆様のために働きました。

30代の若さで葬儀委員長も多く経験させて頂きました。

かつて無い定例会毎の議会便りも作って皆様に送付し、それなりの高い評価を頂いていたと自負しています。

しかし議会活動をしていくうちに、年代のギャップ、議会のあり方に対する認識の違いなど様々な葛藤の中で、たまたまご縁があって札幌での道議会議員選挙の誘いを頂きました。

私にとっては、4年の任期を満了しないで辞職することへの罪悪感もありました。

また本来なら地元・後志から出馬できるのがベストだったと思いますし、そうしたかった。

しかし、後志の議員定数は3から2になるかもしれないという状況で、到底出馬できる見込みも有りませんでした。

共和町議会議員選挙は統一自治体選挙と時期がずれているため、結局、任期途中で辞任せざるを得なかった訳です。


それでも今は「投げていった」という、そのご批判を真摯に受け止め、期待を裏切った後援会にはもちろん、ご迷惑をかけた関係機関にお詫びを申し上げたいと思います。

「今さら戻ってきて、今度は町長なんて虫が良すぎる」と考える方が居るのも事実でしょう。

しかし、私の中では衆議院議員の秘書時代も、北海道議会議員時代も常に自分自身のふるさとを忘れたことはありませんし、共和町のために仕事もしてきたつもりです。

まして衆議院議員の秘書として国政とはどういうものか、国会議員とは、政治家とはどうあるべきかを学びました。

全く見ず知らずの土地で一度目の道議戦は負け、勝つまでの4年間は苦しい日々が続きました。

散々家族にも迷惑をかけてきました。

それでも何とか2回目で当選を果たし、曲がりなりにも北海道議会議員として一期4年ではありますが、仕事をさせて頂いたことは”かけがえのない大きな経験”です。

この間の苦闘はこのブログでずっと綴ってきましたので、ご覧頂ければ幸いです。


この度、それらの経験を生かして、町が疲弊している今こそ故郷の為に立ち上がるべきだと私は考えました。

今なら北海道とのパイプもある。

これまで培ってきた人脈を生かすことも出来る。

町議時代とは一回りも二回りも大きくなった「向井昭彦」として、故郷のために仕事が出来ると考えています。

「あのまま町議をやっていれば、黙っていてもなれたのに。」と言う声も頂いています。

有り難い限りですが、あのまま町議をしていたら「政治」の厳しさや深さを知らずに、「井の中の蛙」になっていたでしょう。


一方、先日ある方には「おまえは3番手だ。うちの町内では同級生一人しか向井を応援していない。」とも言われました。

それが現実かもしれません。

観る人が観れば、ただの「選挙好き」と思われているかもしれません。

(実際に町議の重鎮に「あんたは選挙マニアか?」と揶揄されました・・・苦笑)

しかし、私には「共和を変える」という想いがあります。

歩けば歩くほど「変えなきゃいけない」という人が多いと感じます。

選挙はやってみなければ分かりません。

少なくとも私には4回の経験があります。

今はただ、一人きりで回ろうとひたすら地道に全力を尽くすだけです。

「いつかは町長になる」という中学時代からの目標の実現のために・・・

 




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

穏やかなお正月

2017年01月03日 | 日記

新年明けましておめでとうございます。

2017年の初春を皆様いかがお過ごしでしょうか。

早いもので正月3が日が終わろうとしていますが、こんなに穏やかなお正月は何時以来でしょう。

今日の昼前に家内の実家・登別から戻ってきましたが、留寿都や倶知安でさえも道路に雪がほとんど無く、スムーズに帰ってこられました。

私は今日が仕事始め。

数は少ないものの、午後から忌中引きの弁当とオードブルをこしらえて、年賀状の整理に給料計算とやることが一杯です。

それでも元旦・二日と美味しいものを頂いて、久しぶりにゆっくりさせてもらったので、身体は少しラクです。

これから4月の町長選挙までは全力疾走!

三つ巴の選挙選でどんな戦いになるのか想像もつきませんが、相手がどうであろうと残された時間で自分がやれることを着実にやるだけだと思っています。

ひたすら私の想い、政策を訴えるべく町民の皆さんと触れ合う。

このままの町政で良いのか、これまで同様に役場上がりのひとに町政を託すのか、町を変えるために私を選ぶのか・・・

あとは選挙で皆さんが判断なさることだと思います。

皆様にとって幸多き一年となりますよう、心からご祈念申し上げます。

そして本年も宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

三つ巴

2016年12月21日 | 日記

今日は冬至。

4時半となれば辺りが暗くなり、地域を歩くには厳しい季節です。

今年は根雪になるのも早く、寒い日々が続いていますが負けていられません。

さてご案内の共和町長選挙ですが、本日行われた共和町議会第4回定例会の一般質問で、現職町長が出馬を表明。

ついに40年ぶりの町長選挙は「三つ巴」の選挙戦になります。

この際ですから、有権者の皆さんにしっかりと政策や人を選んで頂く良い機会だと思います。

誰がバックに付いてるとか、後援会が有るとか無いとか、そんなことは気にしていません。

ひたすら自分の考えや訴えを有権者に投げかけて行く。

地道な運動を日々を続けます。

歩けば歩くほど手応えを感じます。

あとは選挙ですからやってみなければ分かりません。

限られた時間の中で、やれることをただひたすらに・・・

前進あるのみです!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世代交代の巡り合わせ

2016年11月12日 | 日記

一昨日の北海道新聞に共和町長選挙に出馬する旨の記事が掲載されました。

後志版では写真入りで紹介頂き、政策の一端も書いて頂きました。

全道版の「選挙短信」でも書いて頂きましたので、札幌はもちろん、全道の方々からメールやフェイスブックの反応も頂き感謝しています。

一方、同じ日に前共和町長で名誉町民の駒場剛太郎氏がお亡くなりになりました。

私の仲人でもあり、生前は大変お世話になりました。

心からご冥福をお祈りいたします。

これも何かのご縁なのか・・・

世代交代の巡り合わせを感じます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

選挙は最後まで分からない

2016年11月09日 | 日記

今日は雪一色の共和町です。

11月に入りすっかり冬になりましたが、雪はまだ早すぎ・・・

もう少し我慢して欲しいな(苦笑)

さて世紀の大接戦となったアメリカ大統領選挙は共和党・トランプ氏が勝利。

戦前の予想を覆す勝利となりました。

やはり選挙は最後まで分からないものです。

「異端児」がどのような政権運営をするのか、日本にどのような影響を及ぼすのか、注目です。

ところで先週の金曜日・4日に

日モナコ友好10周年記念事業 「北海道モナコ公国交流セミナー」が札幌グランドホテルで開催され、出席しました。

モナコは本当に小さな国ですが、世界中のセレブが集う特別な国・・・

なかなか訪れることのないモナコに二度訪問をして、今年2月にはモナコヨットクラブで天ぷらを揚げて以来、モナコには大いに親しみを持っていますので、モナコ公国と北海道がもっと親しくなれることを期待しています。

一方、春に向けての準備を少しずつ進めています。

二年前を思い返すようにひたすらお願いの行脚。

役場内から私より少し年齢が上の課長が辞職し、出馬することも確定したようです。

あとは現職がどうするのか?

三つ巴もあり得る状況ですが、たとえどうであれ我が道を行くだけです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3年連続の誇り

2016年10月03日 | 日記

10月に入りました。

今年も残すところ3ヶ月。

月日の流れるのは早く、様々な事態が起きています。

まずは3年連続で日本人のノーベル賞受賞は日本基礎科学の底力を見せてくれたと同時に、誇りに思います。

大隅先生、本当におめでとうございます。

またプロ野球では北海道日本ハムファイターズが11.5ゲーム差をひっくり返す、大逆転劇を見せてくれました。

9月15日には久しぶりにドームに足を運びましたが、糸井選手に3本のホームランを浴びて残念ながら敗戦。

しかし、その後ホークスとの直接対決2連戦も制し逆転優勝。

ファイターズは栗山監督が言ったとおり「北海道の誇り」です。

是非日本一に輝いて欲しいと願っています。

一方、地方議会では続々と「政務活動費」を巡る不正が明らかになり、富山市議会では11名が辞職する騒ぎで補欠選挙が行われます。

何とも恥ずかしいやら情けない事態であり、これまでチェック出来なかった事務局も含め大いに反省すべきです。

そして中央では臨時国会が開会となり、自民党、民進党とも新たな体制での論戦となりました。

新しい閣僚のボロが出るのか、それとも・・・

蓮舫代表ひきいる戦犯執行部の力量が試されます。

この春離党した私から見れば、今の民進党には全く魅力を感じません。

もちろん投票も出来ませんでしたが、玉木候補が代表になるくらいの変化が無ければ変わったとは言えない民進党にとって、今度の衆議院選挙は存亡をかけた試金石となるでしょう。

さて食欲の秋・・・

若葉も新米となり、実りの秋を迎えています。

実家に戻ってこの一年間ひたすら若葉と向きあってきて、お陰様で久しぶりに良い決算を迎えることが出来ました。

この後はいよいよ春息吹く4月に向けて、私自身も頑張らなければなりません。

組織も無い、地縁・血縁も無い、金も無い・・・ないないづくしの戦いですが、必ずや勝利できると信じて頑張ります。

「かえよう共和」

地道に一人一人に訴えかける。

この半年の使命です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

政治家とは・・・

2016年09月14日 | 日記

台風の被害が拡大した北海道。

交通網は寸断され、ジャガイモやタマネギ、鮭など農林水産品にも大きな影響が出ています。

異常気象では片付けられない深刻な状況です。

なのにその最中、猛威を振るった台風10号の被災地視察に行った内閣府政務官兼復興政務官が、岩手県岩泉町の被災地の水たまりを職員に背負われて渡ったという「事件」。

長靴が無く、汚れることを嫌ったのか??

あり得ない対応であり、言語道断と言わざるを得ません。

その上その政治家は、何と過去には「総務省防災課長」の職にあったというのですから、開いた口がふさがりません。

何とも情けない政務官、いや政治家の端くれにも置いておくべきでは無いと私は感じました。

如何に官僚たちが「机上の空論」を論じているかが窺える事件だとも思います。

本来の政治家とはこんな人であってはならない。

こんな政治家を選んでもいけない。

口先だけで無く、まずはしっかりと国民に寄り添う、思いをはせることが出来る人間でありたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加