毛穴を目立たせたくなかったらお風呂の中から保湿ケア

2017-05-12 | 日記
お肌の保湿が十分でないせいで、毛穴が開いて目立つようになることがあります。水分が不足すると、皮膚は外部の刺激から肌をガードする機能が低下します。その低下分を補うために、肌表面から油分が分泌されます。知らず知らずに油分が毛穴に溜まり酸化して、洗顔時の洗い残しが汚れとなり詰まって、ポツポツ肌になってしまいます。
皮膚の油分が過剰に分泌されないようにするには、水分の蒸発を防ぐ必要がありますが、化粧水をどれほどたっぷりつけても水は失われていきがちです。基礎化粧品をお肌につける時は、皮膚の深層にまで有効成分を届けさせて、毛穴を開かせることが重要です。
入浴中に洗顔をして、毛穴を十分に開かせることで、スキンケア化粧品の有効成分を供給しやすくなります。皮膚にこびりついた汚れや、毛穴の奥にまで入ってしまった汚れを取り除くために、お風呂のぬるま湯で毛穴を開かせます。風呂上がりの浴室は、水蒸気で室内が覆われていて湿度が高く、湯を使っていたために浴室内の温度が高くなっていますので、皮膚は柔らかくなっており、毛穴も開いていて、スキンケアを施すの適しています。
浴室でケアするのは化粧水と美容液までで、乳液やクリームなどはふやけてしまうことがあるので、浴室の外で行います。油分を含むクリームで顔全体を包むことで、化粧水の水分が蒸発しないようにします。水が蒸発する時が最も皮膚の乾燥が進んでいる時なので、入浴後すぐのスキンケアが重要になります。お肌を乾燥から守るためには、風呂上がりの素早いケアが重要になります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 光脱毛が気になりだしたら体... | トップ | レチノールやビタミン誘導体... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。