綾錦の織りなすままに

日頃の出来事を綴ります

長浜城 と 渡岸寺観音堂(向源寺)十一面観音 2016-10-13

2016-10-18 11:05:07 | 日記

 

 渡岸寺観音堂(向源寺)の十一面観音立像を訪ねてきました。

湖北 北陸本線 高月駅近くです。

姉川の戦い (信長・家康軍 vs 浅井・朝倉 )の戦禍から住職と門徒が土中に埋めて守ったと伝わっています。

今も地元の方々が、携帯電話を 交代でまわして、当番の方が丁寧に説明してくださいます。


 長浜城 

 

 真田信之の息子の兜

 

 

当時の戦いが

しのばれました

 向源寺の正面

 

 

 


 この特徴ある正面を見て

何人かが

来たことある」と

言いました。

 

 

 

 

 

ヒノキの一木造です。

 

 

 

 

 

まず、自分の写真が撮れなかったのが残念です!右側 斜めからが一番美しいでした。 少しだけ見上げる高さでした。

後ろに衣が流れて、片方の足がいまにも前に出て、長い手を差し伸べて下さるような、流れるような 動きを感じました。

後ろからは、細いウエストと衣の流れが、美しいでした。

サムトラケのニケを思い出しました。大きさはちがいますが、衣と羽根が後ろに流れて美しいですね。

日本人の私はこの観音さまにすっかり魅了されてしまいました。 何回もぐるぐるまわりました。

お堂内部の雰囲気や、光のかげんも自然で良かったです。 

                 併せて井上靖の「星と祭」を図書館で借りて読みました。ぜひお勧めです。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 李広宏さんコンサート | トップ | 映画「淵に立つ」 ・ 買い物... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいところ (かあこ)
2016-10-20 23:48:37
十一面観音はホントに魅了されますね。一日中いても飽きないくらいです。地元の方がお守りされているのも良い雰囲気ですね。
Unknown (かあこさま)
2016-10-25 15:23:08
いつも、いつも見て頂いて有難うございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。