偕成不動産

既存住宅アドバイザーの登録をし
無料簡易インスペクション始めました☆
ご相談は濱綾乃まで:080-2563-6083

ロボットと暮らす時代が来るかも!?

2016-11-02 18:07:22 | 日記
いつもご覧頂き有り難うございます☆



「ロボット」で思い出すのは

子供の頃に観ていた



アトムに



アラレちゃん


いつも楽しみにみていたアニメですが

とうとう、現実にロボットと生活する日が来るかもしれません



最近で家庭にある



お掃除ロボット

「もう、有るわよ」

という方もいらっしゃると思います

また、癒しをくれる



ペットロボット達

ですが、、、

ロボットの進化はどんどん進んでいます


今日一緒に読んでみて欲しい記事はこちら!

<おうちマガジンより>

◇人間と会話するコミュニケーションロボット

さすがに、アトムやドラえもんほどの

高性能ロボットは未だ実現していないが

そのはしりとなるかも知れない人型ロボットは

今後、おうちのなかにも増えてくるかもしれない

担う役割は、コミュニケーションだ



人間と会話ができるコミュニケーションロボットは珍しくない

例えば、ソフトバンクの『Pepper(ペッパー)』などは有名だろう

実は『Pepper』は、一般にも販売されており

自宅で使用することができる




インターネットにつながっており

クラウドを通して家族との会話を学びながら成長

人間と同じで、相手の気持ちや人とのふれあい

周囲や自らの状況に応じて複雑に感情が揺れ動き

それに応じた行動を取るという

また、アプリを追加することで

子どもの教育や高齢者の見守りなど

さまざまな活用の仕方が考えられる



高齢者の見守りに強みを持つコミュニケーションロボットが

スタートアップのMJIが手掛ける『Tapia(タピア)』だ




感情表現と好感度システムを活用しながら日常会話をしてくれるだけでなく

一定時間、『Tapia』と会話がない場合に家族へ通知

外出先からモニタリングできる機能なども備えている


トヨタ自動車は手のひらサイズの小型コミュニケーション人型ロボット

『KIROBO mini(キロボ ミニ)』を発表した




専用アプリをインストールしたスマートフォンと

Bluetoothで接続して使用

話しかけた人の方向に顔を向け

人の表情を認識

感情を推定しながら人の気持ちに寄り添った

動作や会話をしてくれるという



『KIROBO mini』の特徴は

外出先に持ち出すことができる

高さ10cmの小柄なサイズだ

ドライブにも持ち出せるようにしたのは

トヨタならではといったところだろう



◇ロボットに話しかけることで設備機器を作動させる

現状では、人間との会話や

高齢者の見守りが主な役割のコミュニケーションロボット

しかし、IoTの進化により

家の設備機器がシームレスにつながるようになったスマートハウスでは

さらに重要な役割を担うかもしれない

それは、コミュニケーションロボットに話しかけることで

家中の機器類を操作する司令塔としての役割だ




「お風呂を沸かして」

「カギを締めて」

「室温を26度にして」

「息子に電話して」

IoTで設備機器がつながっていれば

ロボットに話しかけることで

音声認識を利用して操作することが可能だろう

もちろん、これらはスマートフォンでも可能だが

人間はスマートフォンに話しかけるよりも

人や動物の形をしたものに語りかけるほうが

自然に語りかけられるという研究結果もある



◇高齢化社会が訪れれば、おうちでロボットが活躍!

人型のコミュニケーションロボット以外にも

おうちにはロボットが増える可能性がある

例えば、高齢化社会になれば

要介護者を抱えるときに補助をしてくれるロボットや

足腰が弱くなったときに歩行をアシストしてくれるロボットなどが考えられる

実際、それらの研究は活発だ


また、今では当たり前になった『ルンバ』のようなお掃除ロボットも

その名が示すとおり、ある種のロボットである

最近では、洗濯、乾燥が終わった後に

畳んでくれる洗濯機が開発されたりしており

家事の手間を軽減してくれる自動化された機器類は

今後さらに増えると予想される


世界初となる全自動洗濯物折りたたみ機



「laundroid(ランドロイド)」



衣類を

「つかむ」

「広げる」

「認識する」

「折りたたむ」

「仕分け・収納する」

という5つのプロセスの自動化


製品展開としては

2016年度中に予約受付を開始し

2017年に折りたたみ専用機を発売する予定

2018年には、折りたたみ機能に分配収納機能を加えたものを

介護福祉施設・病院向けに展開

2019年には、洗濯乾燥機一体型の

洗濯から乾燥、折りたたみまでを一貫して行う

オールインワンモデルを投入予定だ

さらに2020年には、家庭へのビルトインモデルを計画


洗濯機の買い換えをお考えの方

買い換えは2020年まで待ってみても良いかもしれませんね



◇ハウステンボスの「ちゅーりー」

これら、人型のコミュニケーションロボットと人の仕事を手助けしてくれる

産業用的なロボットがおうちに存在する未来を垣間見られるのが

ハウステンボスにある『変なホテル』だ


フロントでは、多言語に対応した女性と恐竜のロボットが

チェックイン・チェックアウトの手続きを行う

クロークではロボットアームが荷物を預かって

手荷物はポーターロボットが部屋まで運ぶ

タッチパネルで部屋番号を押すと

自動的に客室へ案内してくれるという


部屋にはハウステンボスのキャラクターである

「ちゅーりー」のコミュニケーションロボットがいて



本体に向かって声で指示するだけで

照明のON/OFF

目覚ましアラームのセット

天気情報の取得などができる


このようなロボットが活躍するかもと思うと

ちょっとワクワクしませんか?

もしかすると、近い将来

住宅の設備機器のなかに

「ロボット」

という項目が現れるかもしれませんね♪



最後までご覧頂き有り難うございました^^
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 綾乃メソッド☆11月のメニュー | トップ | 羽田までが近くなった気がす... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。