偕成不動産

既存住宅アドバイザーの登録をし
無料簡易インスペクション始めました☆
ご相談は濱綾乃まで:080-2563-6083

住宅ローン審査もAIで!?

2016-10-13 18:45:17 | 日記
いつもご覧頂き有り難うございます☆



マイホーム購入を考えた時

心配になる一つに

「住宅ローン審査」

が、あると思います


せっかく希望のマイホームを見つけても

金融機関で審査が通らないと

辛い経験になってしまいます


なので、やはり気になるのは

「金融機関が何を基準に審査をしているか?」

ですね


国土交通省・住宅局の調査によると

<融資を行う歳に考慮する項目>

平成27年度と平成26年度を比較


◇項目       ◇27年度   ◇26年度

完済時年齢      99.3%    99.3%

健康状態       98.4%    96.3%
  
担保評価       97.8%    96.3%

借入時年齢      97.5%    97.6%

勤続年数       96.4%    95.9%

年収         95.6%    94.8%

連帯保証       92.6%    90.3%

金融機関の営業エリア  92.4%    91.9%

融資可能額(購入)   90.7%    91.6%

融資可能額(借換)   88.4%    91.5%

返済負担率      87.4%    96.6%

その他の債務履歴   77.5%    85.6%

雇用形態       77.1%    74.9%

所有資産       68.0%    24.4%

国籍         64.9%    63.1%

申込人との取引状況  59.5%    64.8%

業種         38.4%    42.5%

雇用先の規模     30.1%    32.8%

家族構成       29.9%    29.5%

性別         21.1%    19.8%

その他        6.6%     10.1%


平成27年度調査では

「完済時年齢」(99.3%)

「健康状態」(98.4%)

「担保評価」(97.8%)

「借入時年齢」(97.5%)

「勤続年数」(96.4%)

「年収」(95.6%)は

前年度と同様に上位項目で

一方、

「返済負担率」(87.4%)は

前年度より9.2 ポイント減少しており

「所有資産」(68.0%)は前年度より43.6 ポイント増加していますね

想像していたよりも

「健康状態」が重要なのもわかると思います



さて、話は変わりますが

おうちマガジンの平賀さんの記事にも

人工機能について書かれていました

衝撃的だったので

一緒に読んでみて下さい☆


”9月15日、みずほ銀行とソフトバンクが

AI(人工知能)を活用した個人向け融資事業を始めると発表しました

16日の日本経済新聞によると

「新サービスは融資の手続きを、すべてスマートフォンで完結させる

みずほ銀行とソフトバンクが保有する銀行口座の

入出金履歴や携帯電話料金の支払い状況などのデータをAIが分析し

融資上限や貸出金利を決める」というのです


まずは消費者ローンの取り扱いから始めるそうで

個人向け住宅ローンを取り扱うかどうかは未定ですが

IT技術を駆使した新しい金融サービス「フィンテック」が注目を集めるなか

必然の流れといえるでしょう

銀行や電話に関する取引履歴が“すべて筒抜け”になるのです

携帯電話の料金を長期滞納すると

ローンが借りられなくなる可能性が出てくるわけです”





なのだそうです、、、

膨大なデータをAIが分析し

顧客の返済能力などをきめ細かく見ることができるようで

審査にかかる時間も従来の個人向け融資より大幅に短縮し

新たな顧客獲得やコスト削減につなげる見込み


設立当初の共同出資会社の資本金は50億円を予定しており

みずほ銀とソフトバンクがそれぞれ50%ずつ出資するのだそう


みずほフィナンシャルグループ(FG)の佐藤康博社長と

ソフトバンクグループの孫正義社長が同日

東京都内で記者会見し発表しました



佐藤社長は

「日本の金融機関として初の試み

個人ローンの概念を変革したい」

と強調し

ソフトバンクの孫社長は

「AIで未来の稼ぐ力を予測し、(顧客の)夢をかなえる応援ができる」

と話していたようですね



「夢を叶える応援」

「経費削減」

企業としては素敵な改革だと思います!!

ですが、、、

今まで金融機関へ住宅ローンの相談に行くときに

面前で申込書に記入したり

担当者と打ち合わせをしていくなかで

申込者の”人柄”も考慮されていると思ってきました

それが、ずべてAIの判断になってしまうのは

なんだか、ちょっと怖いような、寂しいような気もします。。。


ともあれ、AIを使った貸出審査を2017年にも開始へ!

住宅ローンの審査については未定のようなので

今後の動向が気になるニュースでした




最後までご覧頂き有り難うございました^^






☆新築戸建ては仲介手数料無料☆

ご成約のお客様全員に
QUOカード贈呈中!


お気軽にご連絡下さい
偕成不動産
フリーダイヤル:0800-805-8505
メール:ayanohama@kaiseifudousan.com
http://kaiseifudousan.com/
http://kaiseifudousan.com/sp
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 停電がありましたね | トップ | 自宅で空中ヨガ!DIY »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。