偕成不動産

既存住宅アドバイザーの登録をし
無料簡易インスペクション始めました☆
ご相談は濱綾乃まで:080-2563-6083

高層マンションの消防法違反

2017-06-17 19:58:23 | 日記
いつもご覧頂き有り難うございます☆



先日の痛ましいニュース

イギリス・ロンドンでおきた

タワーマンションの火災ですが


まずは

「安らかなる眠りをお祈り致します」



火災が起きた高層マンションは

1974年に建築されたものだったそうです

住民の中には

防火体制の不備を指摘していたそうですが

管理会社に改善を求めても

聞き入れてもらえないままになっていたようです

「火災報知器が鳴らなかった」

と、証言している住民もいたようですね



もう、こんな悲劇は起こってほしくないですね

気になるのが

「日本の高層マンションは大丈夫?」

関連する記事を見つけたので

一緒に読んでみて下さい



<Yahooニュースより>

昨年1年間に東京消防庁の

立ち入り検査を受けた

東京都内の高層マンション576棟のうち

約8割(463棟)が

消防法違反を指摘されていたことが

同庁への取材でわかった


違反の大半は避難訓練を取り仕切る

防火管理者の不在と消防設備の未点検だった

ロンドンの24階建て住宅で起きた火災では多数の死傷者が出ており

専門家からは国内の防火策徹底を求める声が上がっている



同法で「高層」と定義される

高さ31メートル(11階相当)を超えるマンションは

都内に9288棟あり

昨年は153件の火災が発生し

2人が死亡、58人がけがを負った

はしご車の放水が届かず

消火や避難に時間がかかることが多いという



高層マンションの防火対策は

どういうものなのでしょうか?



<DIAMOND ONLINEより>

消防法を始めとする規制により

建築物の高さや階数などに応じて

スプリンクラーのほか

ヘリの離着陸場所や非常用エレベーターといった

厳しい防火対策、防火設備の設置が義務付けられている


このため

「出火原因が分からないので正確なことは言えないが

感覚的にはロンドンの火災のように

一気に燃え広がるようなことは日本のタワマンでは考えづらい」

と、大手不動産関係者は口をそろえる


ただし、、、

古いタワマンについては

「正直なところ分からない」(大手不動産関係者)とも言う



古いタワマンは

その時どきの規制に応じて作られており

その後は大規模改修の際に新たな規制に基づいた

防火対策、防火設備の導入を行っている


だが、改修には多額の費用が掛かるケースもあることから

「最新のタワマンと同等の防火機能を本当に担保できているのかは分からない」

(同じ関係者)という指摘も出ている



高層マンションにお済みの方は

一度、管理会社や管轄の消防署へ

防災対策の確認をしてみてはいかがでしょうか?



最後までご覧頂き有り難うございました^^
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 建物アスベスト被害WEBサイト... | トップ | 和光市 新築一戸建て&建築... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。