偕成不動産

既存住宅アドバイザーの登録をし
無料簡易インスペクション始めました☆
ご相談は濱綾乃まで:080-2563-6083

LINEで行政サービス!?

2017-06-15 18:30:33 | 日記
いつもご覧頂き有り難うございます☆



LINEの件も気になったのですが

今、とっても気になるのが


「ナスD」



先日、テレビ朝日の

「陸海空 こんな時間に地球制服するなんて」

という番組をはじめて観ました


この真っ黒な方は

”ウィト”

という果物を全身に塗って

黒くなってしまったのだそうです


ナスDさんは

元に戻れるのでしょうか???


気になる方は

7月2日 18:30~

SPをお見逃しなく♪



さてさて、LINEのニュースがこちらです

行政サービス+LINE

とは、一体どんな事なのでしょうか?

気になる方は一緒に読んでみて下さい

<Yahooニュースより>

LINEは6月15日

同社が年に一度開催する大規模カンファレンス

「LINE CONFERENCE 2017」において

内閣府と連携し

LINEと「マイナポータル」を組み合わせた

子育て関連サービスを提供すると発表した



マイナポータルは

「マイナンバー」を使うことで

行政機関が持つユーザーの情報を確認したり

全国の行政サービスを検索して

電子申請したりできるオンラインサービス

今回の連携により

公式アカウント「マイナちゃん」との

メッセージのやり取りを通し

全国の行政サービスを横断的に検索できるようになる



まずは、2017年秋ごろに

子育て関連サービスを提供し

LINEとの連携は2017年中を予定している

居住地域や職場地域など

子育てサービスを探したいエリアをチャット上で検索し

一覧の中から任意のサービスを選択すると

電子申請用のURLを表示

URLをタップすると

LINEからマイナーポータルにジャンプし

必要な申請の手続きが可能になる

申請時はLINEとは切り離されているため

名前やマイナンバーをLINEが取得することはないという



同カンファレンスに登壇した高市早苗総務大臣によると

もともとPC向けでの提供を想定していたという

「利用者目線で工夫した

家に帰ってきてPCを起動して

マイナンバーカードをカードリーダーを使って

読み取るというのは大変な作業

せっかくスタートするのであれば

スマートフォンからでも使えるようにしたかった」

とし

「日本最大の6800万人のユーザーを抱えるLINEと組むことで

行政窓口をもっと身近な存在にしたい」

と述べた



なるほどぉ

忙しい子育て世代の方達にとって

優しいサービスではないでしょうか☆

どんどん便利になりますね



最後までご覧頂き有り難うございました^^

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イラク代表vs日本代表!!... | トップ | 建物アスベスト被害WEBサイト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。