偕成不動産

既存住宅アドバイザーの登録をし
無料簡易インスペクション始めました☆
ご相談は濱綾乃まで:080-2563-6083

リビング学習☆塾講師が教えるポイント5つ

2016-10-16 19:44:14 | 日記
いつもご覧頂き有り難うございます☆



テレビ東京の番組調査の結果

東大生48.6%がリビング学習派だったそうで

お子様のいるお宅では

上手にリビング学習をするコツを知りたい!

と思っているのではないでしょうか?


今日は、おうちマガジンで見つけた

「塾講師が教える、親が守るべき注意点」

をご紹介します

ご興味のある方は

一緒に読んでみて下さい♪



①すぐに手を貸さない



すぐにヒントを与えてしまうというのは

“深く考えられない”

思考へと偏っていってしまいます

子どもが大いに頭を抱える問題も

大人からすれば

「なんだ、そんなところがわからないの?」

というレベルのものがほとんどです

だから手を貸したくなる気持ちもよくわかりますが

(実際これと同じ理由から

個別指導塾の講師ももどかしくなるときが

たくさんあるのも事実です)

ここはグッと我慢してください



②ガミガミ口出ししない

「こんな問題も解けないの!?

さっきも似たような問題をやっていたじゃない!」

なんて、責めてはいけません

“間違い=罪悪”

という認識ができてしまうと

わからない問題に挑戦して間違えたくない

という気持ちが次第に強くなっていき

それに比例するように勉強が嫌いになってしまいます



③真正面に座らない



個人指導塾のチラシでも

先生が生徒の目の前に座る構図のものは少ないと思います

真正面に座ることは(こちらにその気がなくても)

子どもにとって威圧されているのと同じということです

威圧してしまうと

子どもはいつもの実力を出しきれなくなってしまいます



④話しかけない



学校からのプリントや提出物の有無など

もし聞きたいことがあったとしても

それは後でにしてください

周りで家族の誰かと話しているというのはOKなのですが

途中で当事者に話しかけるのは

(勉強か返事か、どちらに集中していいのかと混乱してしまうため)

せっかく理解しかけた問題もわからなくなってしまいます



⑤勉強中の用事を頼まない



お風呂の支度や洗濯物を畳んでほしいなど

家族としての役割を頼みたいと思うこともあるかもしれませんが

勉強をしているときはNGです

ワーキングマザーは忙しいので

お手伝いをお願いすることも多いと思いますが

タイミングは計るようにしなければなりません

解答を見られて間違っていると指摘されるのをイヤがるため

抱え込むようにして問題を解く子はとても多いです

目が悪くならないためにも

照明を明るくするなどの配慮をしてあげることも忘れずに!



リビング学習を上手に使いこなすには

レイアウトだけではないようですね



つねに視界に入ってしまうと

ついつい親心で様子を見てしまいたくなります

リビングルームの中でも

生活スペースとはほどよい距離がある場所に

勉強スペースを設置してみるのも良いかもしれませんね



最後までご覧頂き有り難うございました^^




☆新築戸建ては仲介手数料無料☆

ご成約のお客様全員に
QUOカード贈呈中!


お気軽にご連絡下さい
偕成不動産
フリーダイヤル:0800-805-8505
メール:ayanohama@kaiseifudousan.com
http://kaiseifudousan.com/
http://kaiseifudousan.com/sp
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北欧ハウス&新価格物件☆新築... | トップ | クーリング・オフ制度について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。