偕成不動産

既存住宅アドバイザーの登録をし
無料簡易インスペクション始めました☆
ご相談は濱綾乃まで:080-2563-6083

若い女性に急増の「ロコモ症候群」、セルフチェックできる?

2017-05-17 22:53:03 | 健康
いつもご覧頂き有り難うございます☆



昨日の記事ですが

最近、若い女子に「ロコモ症候群」が急増しているそうです!

どんな症状かというと

<Yahooニュースより>

ロコモの主な症状は

「歩くとすぐに疲れる」

「階段が登りにくい」

「つまずきやすい、転びやすい」

「椅子から立ち上がりにくい」

「重いものを持つとすぐに疲れる」

といったものがある


この原因としては

「筋力の低下」

「バランス能力の低下」

「骨、関節、筋肉の病気」

「使わないことによる身体機能の衰え」

などが挙げられる



◇ロコモ症候群は寿命を短くするかも

骨や関節、筋肉などの運動器が衰えると

歩行や立ち座りなどの

日常生活に障害を来してしまうので

結果的に、寿命にも関係するようです



◇子供にもロコモ症候群が?

まずは、ロコモチェックをしてみましょう

1.かかとをつけてしゃがむことが出来ない(後ろに転んでしまう)

2.手首があまり反り返らない

3.腕がまっすぐに上がらない

4.片足立ちをすると身体がふらつく、また5秒間維持できない

5.前屈をしたときに指先が床まで届かない

ひとつでもお子さんに当てはまるようなら

ロコモ症候群の可能性があるそうです


<原因>

1.運動不足

2.運動過多

3.食事

との事

成長期のお子様には

バランスのとれた食事と

身体の発達に必要な運動が必要なのですね



ではでは

◇大人のセルフチェック

1.立ち上がりテスト

・高さ40cmの台に腕を組んで座り

 片足のみで反動をつけず立ち上がり、3秒キープ

 ※両足確認しましょう


成功したらクリア

失敗したら

・20cmの台から両足で立ち上がるという

 ロコモ度2のチェックへ


2.ステップテスト

・スタートラインを決め両足のつま先を合わせる

 そこからできるだけ大股で2歩歩き、両足を揃える

この2歩分の歩幅を測定

2回やって歩幅数が良かった記録を参照します

「2歩幅cm÷身長cm=ステップ値」


ステップ値でロコモ度を見てみます

<ロコモ度1>

「どちらか一方の片脚で40cmの高さから立ち上がれない」

「2ステップ値が1.3未満」

<ロコモ度2>

「両脚で20cmの高さから立ち上がれない」

「2ステップ値が1.1未満」



◇対策

・ロコモ度1の人

運動を習慣化して

タンパク質とカルシウムを摂取するよう

食事に気をつけましょう


・ロコモ度2の人

すでに筋力などの低下が進んでいる可能性があるそうです

自己判断で無理な運動などは危険です

念のため、整形外科専門医へ行って相談しましょう



◇ロコモ25

更に詳しくロコモのチェックをしてみたい方はこちらから

http://www.jsmr.org/locomotive_syndrome.html




さっそく試してみたら

両足、立ち上がりテストをクリアしました♪

これで気を抜かず

これからも日々の運動を続けようと思います!

健康で穏やかな老後の生活を守るためにも

自分の身体を知ることで

日々の健康管理を大事にしたいですね☆



最後までご覧頂き有り難うございました^^
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「まじで2万円もらえた」と... | トップ | 間取りを考える時、何から決... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。