春風のうた

お元気…ですか?
頬をなでる…ふわり、とした風が
何とも心地よい…そんな季節にはじめた日記です。

家族という…

2017年01月03日 | Art, Book

いつだったか週刊誌で紹介されていた
『家族という病-下重暁子-』。
タイトルが気になっていた。
年末にふらりと図書館に寄ったら
新刊コーナーにあって迷わず借りた。

ここに残しておこうと思っていた矢先、
偶然友人にその本のことをこんな風に
伝えていた…。
気持ちが高ぶっていたから
投げやり気味かもしれない。

"家族といっても個の集まり、
分かりあえているようで全くわかっていない。
でもだからといって"家族だから"…と
個を偽ることはない。
一方で、著者は両親や兄をもっと分かりたかった。
そのために話をすればよかったと
血の繋がった家族には後悔しているんだけれどね。
本人は籍を入れていないパートナーと二人暮らし。
独立採算制で生き生きとしている。
共感できない部分も多々あったけれど、
あ、家族ぶることないんだってスッキリした。"

人はそれぞれの役割を演じている…
それは人生そのものなのかもしれないと
思うことがある。
けれど、一抹のさみしさも感じていて、
この本で合点がいきそうな分からないような…。

☆シリーズ2も出ているらしいけれど
  読む気にはならない☆

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« A Happy New Year♪ | トップ | 50歳を超えても… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Art, Book」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL