蒼蛍日和

長男 蒼
長女 蛍
次女 希美

子供達の成長と日々の出来事

たまにハッとさせられる。

2017-04-24 09:30:01 | 希美
昨日、希美と蛍が先に早く寝たので、蒼と寝る前に雑談をした時のこと。

蛍、三月に希美が産まれて、四月から幼稚園も始まって、ちょっと精神面を気をつけてあげないと…思っていた。
赤ちゃん返りもそんなに酷くはなく、むしろ赤ちゃんを可愛がるし、幼稚園は行き渋るけど、行けば楽しく過ごしている様子なので、大きな問題は今のところはないけれど。
でもそのため、蒼のことを後回しにしがちだったのが気になってて…

私が「お母さんは蒼が大好きなんだけど、それ分かってる??(大好きなんだよー分かっていてねー)」
って、息子5歳とはいえ、恥ずかしいから冗談ぽく言った。そしたら

蒼「そんなの分かってるよー。」
蒼「お母さんは蒼のこと好きなのは分かってるんだけど、お父さんはどうなのかな。分かんないんだよね。」

と発言!
マジですか!?
そうか…私から見たら旦那さんが蒼を大事に思っている事なんか丸わかりだけど、息子にはっきり大好きとか言う人じゃないからね…

蒼、しっかりしてるとはいえ、まだ幼児だもの。ちゃんと言ってもらわないとわからないのか。

私「お父さんはね、蒼のこと、好き過ぎるくらい好きだよ。」
言っといた。代弁。
事実だからいいよね多分。

蒼「あとお母さん、蛍はね、お父さんも好きだけど、お母さんの方が好きなんだよ。それ分かってる?」

と言われた。

分かってなかったです。。。

子供がお母さんを好きなんて、至極当たり前の事なんだろうけど、

私が自分に自信がなさすぎるからか、変にネガテイブだからか、子供達が私を好きでいてくれているという自信…ない。

普段一緒に過ごしていて、何かあれば叱るのは私だし、お父さんは優しいからお父さんのが好きで当たり前だろうな。
でもちゃんと叱ってやらなくちゃ。嫌われても。
私が子供達を大好きで大切な事は永久に変わらないし、逆に私を好きかどうかなんか私にとっては関係ないしって考えてた。

しかし、なんだか蒼にハッとさせられた。

自分は子供達に慕われている母親なんだ。
子供達にとって大好きなお母さんなんだ。
そっか、私…そうだよね。お母さんなんだよな。

お母さんになって、もう五年経ってるのにね。

もっとしっかり自覚して自信を持とう。
と思った。


そして蒼がこんな発言をした理由は

蛍が私に何か頼み事しにきたときに

「ごめん!今無理だから、お父さんにお願いしてねー」

っていう事が増えたからかも。
赤ちゃんのお世話やら家事やらでね…

そこで蛍がちょっと悲しそうにしていたのが気になってたのかな?

蒼は、2歳差の蛍の身支度を手伝ったり、お菓子の袋を開けてあげたり、一緒に遊ぶ時もとても優しい、頼れる兄貴になってくれている。私も2歳差の弟いるけど、幼少期にそんなに可愛がってあげられた記憶がない。
お姉ちゃんなんだから我慢しろと言われて、嫌だった記憶しかない(╥Д╥ )。
蒼を本気で尊敬する。

幼稚園、凄く頑張っている蛍をもっと甘やかせてやりたい…
反面、もっと自分で出来る事増やしてやらないと本人のためにならない…
という思いで葛藤の毎日。

そんな気持ちの吐き出し。

あと、希美さん、5キロ突破。
まだ1カ月ですよね?重い。笑




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嬉しいこと | トップ | 泣きながら登園 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

希美」カテゴリの最新記事