あやめな日々 in OSAKA

広島女学院同窓会大阪支部の活動をゆる~く報告&プライベートを気ままにひとりごと

近江神宮の「漏刻祭」特別拝観へ行ってきました~

2017-06-13 23:05:37 | 滋賀へのお出かけ

6月10日は『時の記念日』

近江神宮での「漏刻祭」を特別に参列、拝観できることになり行ってきました。

そもそも、近江神宮と言えば、百人一首の競技かるた大会や「ちはやふる」のイメージ。

新春早々のクィーン戦?をニュースで見たくらい。

しかも、「ちはやふる」は映画のCMで見たくらい。

ほ~天智天皇が初めてこの大津京に漏刻(水時計)を設けられた…そうです。

そうなのですね~、行ってみたい~

 

では、近江神宮境内から

 

「ちはやふる」では、このアングルが良いようですよ。

この日も、聖地巡りらしき若者がたくさん来ていました。

 

 

時計館 宝物館

精巧な和時計や古い時計などが展示されていました。

「時の記念日」の本日は入館料は無料です。

 

 

天智天皇が作られたものと同じ形の漏刻

 

11時、厳かな雅楽の演奏により、「漏刻祭」が始まります。

 

 

各メーカーの新製品時計をお供えします。

 

その後で、舞楽『八仙』を奉納します。

鶴の振舞う姿をかたどったものだそうです。

だから、鳥の面なのですね~

 

ほんとに知らない事ばかりですが、お祭りを参観できて貴重な体験でした。

ささ、お待ちかねのお昼ご飯ですよ~

 

境内にある近江勧学館にて昼食

 

旬の食材を使用したお弁当

お弁当って聞いていたのですが、こんなにご馳走のお弁当とは  嬉しいです。

 

 

昼食の後は、特別セミナー

京都産業大学名誉教授 井上満朗先生による「天智天皇と漏刻」

歴史の話は、知識が無いにも関わらず好きなので、とても興味深かったです。

 

大津京、天智天皇、漏刻、舞楽……

古代のロマンだ~

 

それではまた~

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お茶のお稽古のお菓子~20... | トップ | 2017年関西ブロック同窓会の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (sarah)
2017-06-15 15:46:58
貴重な体験でした。

時計を奉納って…こんなふうにするのね、と。

そして あんなにすぐそばで雅楽の調べを聴けるとは。。。

Sarah様 (管理人)
2017-06-16 10:24:29
いにしえの都、大津京があった場所。
天智天皇の頃、時を報せる漏刻があったこと。
さらに、漏刻とは、なに?でした
知らなかったことばかりです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。