さよなら三角 また来て四角 教師編...南十字星の下で☆第二章☆

オーストラリアから10年ぶりに帰国。オーストラリアの看護師の資格は日本では認められず、ひょんなことから国語の先生に...

比較三原則 by みうらじゅん

2017年03月13日 22時33分26秒 | Web log
先日、大人同志という みうらじゅんと山田吾郎の動画をみていたときに
みうらじゅんが「過去の自分と、親と、友達・知り合い。
この3つと比較しなかったら しあわせになれる」
みたいなことを言っていて、確かにね..... と思いました。

でも比較しちゃうんですけどね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それ、うし?

2017年03月08日 22時19分07秒 | Web log
はなちゃんを連れて散歩していたら、3~4さいの男の子が公園の滑り台に座っていた。

やっほーと私に声をかけてきたので、こんにちはというと。

わたしをじーっと見つめる。

なんだか話したそうなんだ けれど、何を話していいかわからないとでもいった感じ。

そして、わたしも何か話してくれるかな?と思って、じーっと見つめかえすと

「それ、うし?」と聞いてくる。

最初、なんといわれたのか分からなくて、

ソレウシ? ソ レ ウ シ ? と何度か頭の中で反芻して.....

「 それ、牛? 」と聞いているのだとわかって、吹き出しそうになった。

うしって???

はなちゃんが、白黒のまだら模様なので、牛と思ったのでしょうか?

小型犬が流行っている=犬は小さいものと思っている のと、
おそらく本物の牛をみたことがないから、牛の大きさが分からない のだと思います。

それにしても、その子はまじめに聞いてきたのでしょうが、あまりにもシュールすぎて

理解するのにちょっと時間がかかってしまいました。

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かわいい生徒たち

2017年02月23日 21時44分00秒 | Web log
複式で自由気ままな生徒たちをなんとかまとめるのに
四苦八苦しているわたしです。

怒鳴らないようにと毎回思うのだけれど、すぐ「こら!何してんの?話聞きなさい!」と
怒鳴ってしまう。

怒鳴っても意味がないってわかっているのに。

怒鳴ってしまう自分が、情けない。

そんな自分との闘い。

そして、今日「怒鳴らない」と決めた。

とにかく、大げさにほめる、ほめちぎるという作戦を立ててみた。

そして、幼稚園生の子があいうえおの練習をしているのだけれど、
一ページ書くたびにわたしのもとに持ってくる。

そして「うわぁ、すごい、すごいなぁ。」と言いながら丸をつける。

えらいなー、これは何と読むの?」と聞いて、次のひらがなを読ませる。

「じゃ、これ書いてもってこれるかな?」とおだてまくると、ニコニコしながら
自分の席にもどって書いてくる。

他の子も、花まるが欲しかったり、ほめてもらいたかったり、本当に単純。

みんなほめてもらいたい。

毎週漢字テストをするのだけれど、100点をとったらいっぱいいっぱいほめてあげる。

「がんばったんだから、お母さんに見せなさいよ。きっとお母さん喜ぶよ!」というと

「うん、絶対見せる!」と子供たちは本当にうれしそうに答える。

100点とれなかった子にも「惜しかった!本当はもっとできるって知ってるよ。
来週はがんばろうね!」というと、「お母さんに手伝ってもらう!」と言葉が返ってくる。

みんな、ほめられたいんだなぁと、つくづく思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

偉いよ、ベンジャミン!

2017年02月11日 15時01分54秒 | Web log
朝、はなちゃんを散歩に連れて行きました。

土曜日の朝。

子供たちは、まだ寝ていたので私一人でゆっくりとロングウォーク。

節分が過ぎて、まだまだ寒いけど、日差しは少し強くなってきて、春が近づいてきているのを
感じさせるような気持ちのいい朝。

途中、雉を見かけたりして、いぬのふぐりも咲いていて、春も近いなぁと思う。

5, 6㎞くらい歩いて、家につくと、はなちゃんなかなか中に入ってくれないので、玄関の柱につけた
巨大クリップにリードを括り付けて、しばらくお外にいてもらうことに。

これではなちゃんも外でゆっくりできるだろうと思い、中に入って朝食の準備。

そして、朝ご飯の準備。

はなちゃんの朝ごはんが出来上がったので、ベンジャミンに「はなちゃん、
何しているか窓からみてみて!」とお願いすると

「......」

再度「はな、何してる?」と聞くと

「よく見えない」と言って

玄関の戸を開けて外をみたベンジャミン。

「はなが、いない!!」

血相を変えて、叫ぶベンジャミン。

そして、一秒と待たず、外にでていった。

わたしはというと、どうでもいい格好をしていたので、恥ずかしくて
いそいでコートを身に着けて、ベンジャミンに遅れて、でていった。

そしたら、はなちゃんは、お隣さんの玄関前をうろうろしていただけで、すぐ見つかった。

そして、急いで、はなちゃんを家に閉じ込めた。

で… ベンジャミンは????

わたしは気が動転していたので、あの格好で外にすっ飛んでいたのか?
それとも二階に洋服を取りに行ったのか?

記憶があいまいなので、まず上に行ってベンジャミンを探す。

いない!!

今度は、ベンジャミンがいない! あの格好で外に出たのか?????

外に出て、「ベン!」と叫ぶ。

いない。一体どこまで走っていったのか?

もう、はなちゃんは見つかったのに。今度はベンか??

「ベン!」ともう一度叫ぶと、着の身着のまま(上半身裸で、下はパジャマのズボン)で
しかも裸足のベンが走って戻ってきた。

半泣きだった。

「なんて格好で外に出て行ったの!」と一瞬、怒りそうになったけれど、
考えてみたら、ベンジャミンはそれほど必死だったのだろうし、変な恰好で
出て行ったことよりも、なりふり構わずはなちゃんのために出て行った
ベンジャミンンの行動をほめるべきだよなと思った。

ベンジャミンを抱きしめて、ありがとうと一言、言った。

............ でも、やっぱり起きたら普通に洋服は着ないとね。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母語、第二外国語 言葉の習得について

2017年02月04日 10時30分58秒 | Web log
しばらくブログを放置しておりました。

日本に帰国して、一年が過ぎました。
そして、新しい年を迎えて、一か月が過ぎました。

時間が経つのは本当に早いものですね。

さて

特殊な環境で、国語を教えているわけですが、なぜ?なぜ?を繰り返した一年が過ぎました。

普通に日本語を話せるから、日本の学校で行われているような国語の授業をすれば、みんな
分かるだろうと思って、仕事を始めたわけですが、いやいやどうして。

ことごとく予想が外れるという現実。

いろんなレベルの子がいることは確かで、それぞれに対応すればいいのだろうと思うのですが
個々のレベルに応じた対応をし、プリントをそれぞれに揃えるのも大変なので、できるだけ一斉授業を
試みるも、まずうまくいかない。

国語の授業は、言葉を媒体に授業をするわけですが、生徒たちの語彙数が圧倒的に足りない。

当然のことながら、一年生だから一年生の教科書がある程度読めるかというとそうではない。

読める子もいれば、読めない子もいる。それは日本の学校でも同じなんだろう。

でも、読める子と読めない子のレベルの幅は、わたしが教えている学校にくらべたら少ないと思う。

ところで、言語には二つの領域があって、日常・生活語力といわれる Basic Interpersonal Language Proficiencyと
認識・学術語力と言われる Cognitive Academic Language Proficiencyとがあると最近知った。

だから、普通に会話することができても、それは日常生活語力によるものであって、生活とは違う空間で使われる 
認識学術語力は、教育現場や家庭での補足学習などで習得、強化されるものと考えられる。

なので、日本語で運営されている学校へ行かないというのは、その分野での語彙が不足することを
意味する。

彼らは、英語を媒介後とした学校で学んでいるわけだけれども、そこでふと疑問に思う。

「日本語で理解できない英語の単語を彼らはどうやって習得するのか?」ということ。

私が英語を学び始めたのは中学一年生からだから「Apple」という言葉を聞いたときに日本語の
りんごを結びつけた。そうやって語彙を増やしていった。

りんごなどという生活に密着した英語を覚えるのは簡単だけれども、例えば5年生の教科書に出てくる
「識別する」という言葉。

英語ではIdentifyとなるわけだけれども、かなり抽象度の高い言葉。

それが英語の授業ででてきたときに、生徒はどのようにその言葉を習得するのか?

識別するという日本語を習得していない5年生の子はどうやって、Identifyという言葉を理解できるのか?

ということになるわけだけれども、恐らく私が働いている学校の子供たちは ストレートに Identifyと 
入っていくのだろうと思う。

言葉は概念がコミュニケーションツールとしてコード化されたものだけれども、もやもやとした概念が根底にあって、
詳しく辞書のように説明できなくても(しなくても)、その言葉が持つ意味は感覚で分かっていて、言葉がそれに結びついて
それをいろんな状況で使うことができるようになる。

となると、母語でない外国語で教育を受けている子供たちは 識別という言葉を分からないまま成長していくか、
あるいはIdentityという言葉に後で「識別する」という「日本語訳」が入っていく、ということが起こるのだろうと
思われる。

日本人なのに、英語が第一言語になってしまうというわけ。

わたしも、10年間オーストラリアに住んで、英語漬けの生活をしたので、時々「あれ?日本語でどういうんだっけ?」
とか、「英語で言ったほうが早い」という現象が起こっている。それから漢字も書いているときに「これでよかったのかな?」
みたいなことも起きる。

日本語を忘れてしまっている自分に気づかされる。みっともないけど、それが現実。

でも、英語ができるかといったら、生きていく、そして海外でなんとか働く程度の英語はできても、絶対にネイティブには追いつけない。
使い切れる語彙力が絶対的に少ないから。

30才を過ぎて外国に行ったわたしにでさえ、そういう現象が起こるのだから、初等教育の子供たちの脳みそは、
高い割合で英語に「上書きされている」。

日常語の日本語は維持できても、アカデミックな日本語の成長が遅れる。

移民の子弟が日本の公立の学校に行っても同様のことが起こるという文献を読んだ。

母語の成長が遅れるだけでなく、(一時的かもしれないけれども)日本語の授業についていけないという現象が起こるらしい。
高校受験などは、かなりハードルが高い。日常的に友達と日本語を使い、学校で授業を受けても、追いつけない子供は
追いつけないらしい。

そして学校での疎外感から、学校になじめなくなる、自信の喪失、引きこもりなどといった問題へと発展していく
子供たちもいるということだ。

でも、すべての移民の子供たちがそうなるかといったら、そうでもないのだろうし、一時期両方の言語が不安定になったとしても
長い目でみれば、いずれ、どちらかが強くなり、結果、二つの言語の住み分けが可能となっていくものなのかもしれないし、
今のところ私にはよくわからない。

長い目で対応していかなければならない事柄を、果たして社会が寛容に受け入れることができるのか?

画一化が好きなこの国の社会が、そういうった問題を抱えている子供を個別的に、寛容に受け入れるシステムができているか?

政府は、労働力が不足している分野に移民を受け入れようとしているようだけれども、その子弟の教育面での政策をきちんとしないと
結果、社会問題として発展していく可能性があるんじゃないのかな?とふと思う私なのでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はなちゃんのその後

2016年10月21日 07時24分01秒 | Web log
はなちゃんが家にきて、2か月以上が経ちました。

正直、最初は本当に元気がなく、足腰も弱くて持久力もなくて「あまり長くないかもしれない」と
思いました。

これがこの子の生命力の限界なのか、どうなのか?

思いあぐねながら、前向きに足腰を鍛えるために、一日3回の散歩。

とぼとぼと歩く姿に、本当は推定7-8歳ということでしたが、本当は10才を
超えてるんじゃないか?と思ったり。

血便したり、吐いたりするときもあって、動物病院に行ったりしたこともありました。

秋になって涼しくなって、お散歩中に走りだしたり、山に連れて行ったら本能が目覚めたのか
ワイルドに変身したり、最近は階段も上り下りできるようになりました。

油断するとベットにちょこんと寝ていたりします。

近所の人も、来た時に比べるとずいぶんよくなったね! 
弱弱しくて、かなりみすぼらしかったもんね!(失礼な)

とのこと。

でも、近所の人にも可愛がられて幸せなはなちゃん。

朝起きると、うれしさいっぱいにしっぽふったり、おなかをみせて撫でて~とでもいいたそう。

かわいいはなちゃん。

元気になってよかったね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の空とあっけらかんな子供たち

2016年09月25日 17時43分26秒 | Web log
今日は町内の防災訓練がありました。

指定の公園に集まり、リヤカーや車いすを運び、
みんなで指定されている避難所へ向かいました。

ま、かったるいといえばかったるいのですが
万が一に備えるというのは大事ですし。

地域の皆さんを知るいい機会。

雨が続いた日々でしたが、今日は快晴。ってか、暑かった。

それでも、みんな9時から12時まで座ることもなく、
消火器訓練、発電機の使い方、災害ダイヤルの使い方など
しっかり聞いて、実践しておりました。

ちょっと時間があったので、木陰でやすんでいたら、
小学生の男の子がウンテイで遊んでいる女の子を見ながら
「できないんだったら、やらなきゃいいのにね」って
わたしに話しかけてきました。

「んー、でも、できなくてもあきらめないでチャレンジする気持ちは
大切だと思うよ」と言ったんですけど。

それがきっかけになって、他の男の子たちも私の周りに集まってきたので
「いつもどんなことして遊んでるの??」
「学校、楽しい??」とか色々聞いてみました。

そしたら、どんどん話が盛り上がって
実はいじめられて不登校なんだとか、お父さんは昼からビール飲んで酔っ払ってる
とか、性に関する話とか、赤ちゃんってどうやってできるの?とか、
一緒に住んだらできるの? 精子と卵子が受精して赤ちゃんができるのは
分かるけど、じゃあどうやって精子と卵子は出会うの??とか
おじさんがエロビデオいっぱい持ってるから、自分も見てるだの、
ネットでエロ動画を見ているとか...

そういうことは正しく学ばないとね...お家の人に聞いてみた?と言ったら
そんなこと聞いたらものすごく怒られるといっていました。

じゃ、おばさんはどうやって知ったの?とか、聞いてくるし。

マァ、マァ あったばかりの他人の私に、そんなことまで話してくれて
どうもありがとう...(笑)

無邪気というか、なんというか。わたしの周りに集まってきた子たちは
六年生だと言っていたので、そういうことに興味をもって普通の年頃だから
別に不健全とも思わなかったけど、あれだけあっけらかんと言われると
なんか、不思議。

彼らに私に対する警戒心、全くなし。それも驚き。

土日はお父さんもお母さんも仕事で家にいないし、好き放題やってるから
楽しいとか、いろんな家庭環境が見えてきます。

澄み切った秋空とあっけらかんとした子供たち。

不思議な出来事でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猟犬の本能

2016年09月19日 08時07分06秒 | Web log
はなちゃんが家に来て、一か月。

最初は遠慮がちだったはなちゃんも、すっかり家に慣れてきました。

最近はお散歩から帰ってくると家に入りたくないと駄々こねたり、おやつを持っているのに、
じらしてあげないと、ふてくされてそっぽ向いたり。

はなちゃんも少しづつ自分の性格を見せてくれるようになりました。

はなちゃんは鳥猟犬のイングリッシュセッターと思われ、鳥をみると
追いかけたりします。

散歩中にそんな姿を見ると、わたしもうれしくなってきます。

本当は鳥を追いかけたいんだよね。

野山を駆け回りたいんだよね。

自分で何も話せない動物たち。

意志を伝えたところで、最終的には飼い主の都合で諦めなくちゃいけないことのほうが
絶対的に多い。

一生懸命可愛がっているけど、なんだか可哀そうで申し訳ない。

さて昨日は、敬老の日ということで、プレゼントを持って
実家の母にはなちゃんを見せにいってきました。

どこに連れて行っても、お行儀のいいはなちゃん。

始めてのところで、ちょっと興奮気味だったけど、それでもいたずらしたり
悪さしたりもしないで過ごしました。

マイクとジョナサンが時間をみつけて、近くにある小さな山にはなちゃんを
お散歩につれていったら、とても喜んであっちだこっちだと飛び跳ねたりした
そうです。

猟犬として生まれてきたのだから、猟に行きたいだろうし...山の匂いに
何かを思い出したのかな??

犬も人間も、やりたいことをやって、嬉しそうにしているのを見ると
こちらもうれしくなってくる。

そんな姿が一番いい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漫画とアニメ 英語の違い

2016年09月08日 20時01分07秒 | Web log
今学期から、中学2年生のビギナーさんにも日本語を教えることになりました。
ほとんど日本語が話せないので、説明には英語を使います。

まぁ、学校で日本語を教えるから来ているという生徒がほとんどで
選択したからでなく強制的に日本語を教わるわけです。

申し訳ないです。

でもなんとか、動機付けをしてあげようと

日本のアニメが海外でも人気ということで

「日本語を理解できるようになったら、マンガを見たりできますね。」

と言われたら、ジョナサンに "Mum, you dont watch MANGA, you read!" と叱られ

最近入ってきたCくんにも目を丸々とされて you dont watch, you read ! と指摘されまして。

一瞬わからなかったのですが... なるほど

漫画は紙を媒体にしたもので、アニメはテレビや映画など動くものというふうに英語では
定義するんだなとピンときました。

今はどうかわかりませんが、わたしが小さいときは「テレビ漫画」とか言っていたような気がするし、
漫画とアニメの違いは、ほとんどないと思っておりました。

ビギナーさんなので、あいうえおから教えるのですが、小さい「っ」とか「ゅ」とか「ょ」とか
濁音の点々とか撥音の丸とか日本人にとって当たり前のことが当たり前じゃなくて、
結構????と思うみたいです。

あとカタカナですね。

なぜ、あえて英語読みにしないで日本語にカタカナで置き換えて、しかも英語からかけ離れた発音を
当てはめるのかがわからないと言われます。

こればっかりは...私にいわれても....

日本語って難しいなぁとつくづく思います。
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結局はドッグフードがまずいだけ

2016年09月03日 15時42分30秒 | Web log
もう、死んじゃうんじゃないかと心配しましたが。

食欲はありますので、単にドッグフードが嫌だっただけのようです。

手作りすると、喜んでいっぱい食べてくれます。

ので、わたしもとてもうれしいですが、これがいつまで続くやら。

お隣さんに「甘やかしたらだめよー」とくぎを刺されてしましました。

昨日は ジョナサンが友達のうちにお泊りにいって、ベンジャミンのお友達が
うちに来ました。

ベンジャミンとAくんは完徹。

でも、最初にベンジャミンが撃沈。

続いてAくんも...でも楽しくてよかったね。

ジョナサンの友達Lくんとベンの友達Aくんは兄弟で、こんど引っ越していきます。

半年くらいの短いお付き合いだったけど、二人ともいいお友達に巡りあえました。

引っ越してからも、ずっと仲良くしていけたらいいね。

ちょっと寂しいけど、今度遊びにいくから。元気でね!また会おうね!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

署名

<script src="http://www.shomei.tv/project/blog_parts.php?pid=1655&amp;encoding=euc"></script>