ほのかなる月明かりの夜に

~人生激情 外伝~
気儘に更新

第三十六夜

2008-08-30 00:00:36 | 私のお話
バランスなんだと思う
必要なのはバランス

私はバランスをとるのが下手です
感情の起伏が激しいのも、それに起因するんだろうな
いや、どちらが原因なのか・・・実のところ、よく分からないんだけど
誰かを好きになったら、その人のことしか考えられなくなってしまう
天秤に例えたら、完全に一方の皿が下に付く・・・というより、反対側の皿が吹っ飛んでいっちゃう(笑)
だから、今、色々実験しています
まだまだ感情は暴走傾向にあるけど、それでも、昔よりはコントロールできる様になってきました
でも、やっぱりまだまだです

さて、ある二つのモノがあります
それは大きさも質量も異なります
この二つのモノを天秤に掛けバランスをとる必要がある時、あなたはどうしますか?
どちらかを、もう片方に合わせますか?
それとも・・・
天秤自体を変えますか?

性能の良い天秤なら、大きさも質量も異なっていても、バランスをとるコトが可能かも知れません
性能の良い天秤なら、二つどころじゃなく、どれだけ数が増えてもバランスをとるコトが可能かも知れません
でも、性能の良い天秤を手に入れるのは、そう容易いコトではないでしょう

欲をかいて、あれもこれもと天秤に掛けたら、天秤自体が壊れちゃうコトもあります
だから、性能の良い天秤を手に入れるまでは、天秤にかけるモノを変えたり、我慢したり、諦めたりするコトも大切なんでしょうね

バランスをとるというコトは、決して「均一にする」というコトではないと思います
故に難しいんでしょうね

天秤に掛けた時、天秤は揺れ動きます
最終的にバランスがとれれば、それでいいんでしょうね、きっと

さてさて、あなたはどの様にしてバランスをとりますか?



今の私の場合、吉井と酒で天秤が壊れるな
今回は抽象的過ぎたかな?
そして、支離滅裂っぽいし・・・
てか、天秤って量る為にあるん ブフッ∵(´ε(○=(`Д´ )

この記事をはてなブックマークに追加

綾子の独り言

2008-08-28 07:54:51 | 独り言
言葉にはやっぱり力がある

心に触れた瞬間に効力を発揮する
魔法のように・・・

この記事をはてなブックマークに追加

綾子の独り言

2008-08-26 08:06:53 | 独り言
時々、言葉を連ねる事が
愚かしく滑稽な事のように思う時がある

「私はやってはいけない事をしているんじゃないか」
そんな不安に駆られる時がある

でも、やっぱり・・・
言葉を紡いで重ねないと
これっぽっちも伝わらない

私はここで言葉を連ねます

発した瞬間に私のモノでは無くなる言葉達が
あなたの心に伝わる事を願って

この記事をはてなブックマークに追加

綾子の独り言

2008-08-24 19:55:35 | 独り言
シワとかシミとか増えるのは
限りなく嬉しくないけど
時を刻めるコトは途轍もなく素晴らしいコトなんだと
やっと実感しました

毎日誰かが誕生日を迎えてる

お誕生日、おめでとぉ~~!!

この記事をはてなブックマークに追加

綾子の独り言

2008-08-22 20:55:36 | 独り言
瓦解した心を拾い集めてオブジェを作ったら
悍(おぞ)ましいモノができるのか
美しいモノができるのか

この記事をはてなブックマークに追加

綾子の独り言

2008-08-18 23:15:48 | 独り言
きっと
ビックリするくらい

好き(笑)


多分
信じられないくらい

好き(笑)

この記事をはてなブックマークに追加

綾子の独り言

2008-08-18 08:03:00 | 独り言
「ナレル」ということは
人が生きていく上で大切なコトなんだろうとは思うけど
とてつもなく不必要なことのようにも思う

私は負けず嫌いだから
少し刃向かってみようと思う


思い通りに動くと思うなよ!!

この記事をはてなブックマークに追加

第三十五夜

2008-08-16 00:00:35 | 私のお話
~~ 日本人 ~~

北京オリンピックで、日本人選手が頑張っています
いや、参加されている全選手が黄金に輝くメダルを目指して、鍛え上げた身体と費やしてきた時間、そして計り知れない想いと共に各競技に挑んでいる訳ですが

日本において、スポーツは国家的事業ではなく、練習環境等が整っている競技は限られている様に思います
そう恵まれていない環境の中で鍛錬を積み、オリンピックで記録を残している選手の方も多いのではないでしょうか?

しかし、世界に目を向けると、日本以上に練習環境等が整っていない、それこそ練習する事もままならない国が存在します
経済的崩壊を迎えてしまった国や、内戦中であったり、他国から攻撃を受けている国・・・
この平和の祭典ともいうべきオリンピックが開催されている時を同じくして、この地球上に戦場があるという現実

63年前の8月15日
日本は終戦を迎えました
何百万人という失われた命の上に
彼らはなんの為に戦い、そして死んでいったのか・・・

私は日本人です
この国を愛しています
この国に生まれ、今を生きられる事を奇跡の様に思い、感謝しています

ですが、私の中に「日本人」として確固たるモノがあるのかというとそうではなく、曖昧なモノでしかありません
この国で生まれ、この国で育ち、両親も日本人
それ以上、私を日本人たらしめているモノを思い付かない・・・
海外にも社員旅行でサイパンと台湾に行った事があるだけで、国を離れて日本人である事を痛感した事もなく・・・

サイパンと台湾
共に日本が爪跡を残した地
サイパンでは、太平洋戦争時の砲台や司令部跡が残っているラストコマンドポストや、多くの民間人の方が身を投げたバンザイクリフなど、戦場地跡を巡りました
ガイドの方のお話では、サイパンのジャングルには戦死された方の遺骨が数多く残っているそうです
実際ジャングルを歩くツアーに参加したんですが、飯ごうとかヘルメットとか・・・本当に残っているんです
不憫だと思い、よく日本人観光客が持ち帰ろうとするんだそうです
その度に、後世に伝える為にこのままにしておいて下さいとお願いするんだそうです

日本から遠く離れた地で、一体何を思い戦ったのか・・・
「御國の為」
戦地に赴(おもむ)き戦った方達の胸には、「日本の為に」という思いがあったのでしょう
しかしそれは、決して高邁(こうまい)な思想ではなく、「守るべき、愛するモノの為に」という思いの上に成り立っていたモノだったのではないでしょうか?
しかし、戦争という狂気は、そういった思いさえも変質させます
「守るべき、愛するモノの為に」彼らは銃を手に取り、命を懸けて、敵国の人間と戦ったのですから
そして戦争という極限状態の中で、「己(おのれ)の為に」という思いに変わってしまった方も多かったのではないでしょうか?
恐怖と共に、人間故に

「国」というものは普遍的で確固たるモノの様に思えますが、時の流れの中では流動的で曖昧なモノなのかも知れません
戦前戦後では、「日本人」たる概念も、「日本人」自体も変わってしまったんでしょうね
「今」が全て劣っているとは思いませんが、何か大切なモノを失ってしまった感は否(いな)めません

さて、私は今日もテレビを観て、日本の選手を応援します
「頑張れ!頑張れ!」
プレッシャーを乗り越えて、実力を充分に発揮して下さい!!
私は彼らを通して、私の中の「日本人」を確認しているのかも知れません・・・



最後に、戦争によって亡くなられた方に対し、追悼の意を表します
人が地球人として手を繋げる日々は、まだまだ先の様です

この記事をはてなブックマークに追加

綾子の独り言

2008-08-03 19:12:09 | 独り言
容姿です

・・・(´゜艸゜)ケホケホ
ちゃんと話を聞いてくれて
ちゃんと叱ってくれる異性を大切にすること

まぁ~それ以上にぃ~容姿と経済力も大切だけどぉ~(ミル姉さん風)


ま、私の場合は
しっかり手を握ってくれる人が必要なんだけど

この記事をはてなブックマークに追加